東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

アパート経営・マンション経営にかかる建築費用とは

公開日: 2016年5月25日 |最終更新日: 2021年10月21日
アパート経営・マンション経営にかかる建築費用とは

収益物件を新築してアパート経営やマンション経営を始める際に、注目するのが建設費用です。
そこで、建築費に関わる基礎知識をご紹介しましょう。

建築費に含まれるものとは

アパート経営やマンション経営で収益物件を新築するのにかかるのが、建築費です。
建築費と聞くと、アパートやマンションの全てを含めた金額を表すように見えますが、実は業者によって、含まれる項目が異なっています。

基本的にはアパートやマンションの外側を形成する、本体工事費だと考えた方が良いでしょう。
つまり、居住用の器を作る金額だと考えるとわかりやすいと思います。

建築費以外にも建物を建てる上でかかる費用とは

建築費は実質の本体工事費のため、その他には内部に設置する設備の費用が必要になります。

上下水道に関わる負担金や外溝工事、また駐車場を整備するための費用などが挙げられています。

土地・建物の費用の他には、登記をしてアパート経営やマンション経営を行うので、登記費用も建築費に含めて考えることになります。
建物に関してかかる当初の費用を全て含めて、建設費用と考えるのが無難です。

アパート経営・マンション経営を始める場合にかかる建築費の目安とは

まず、アパート経営やマンション経営の建設費用の目安は、一概にいくらかかりますとは言えません。
アパートかマンションなのかで費用が変わりますし、その建築内容、そしてさまざまなタイプがあるためです。

しかし、これでは建築費の見積もり方が分からないので、利回りとの関係性から、適切な建築費の考え方をご紹介します。

利回りの中でも、最も現実的に考えられる実質利回りを選択しましょう。
実質利回りは、年間収入から年間支出を引いた金額を購入価格で割って計算します。
年間予想収入と年間予想支出をあらかじめ計算しておくと、建築費に具体的な数字を当てはめることで、希望通りの利回りになる費用を算出できるようになります。

アパート経営やマンション経営では建築費を決めて新築するのが一般的です。
そのため多くの方が建築費を知りたがりますが、タイプなどによって異なるため利回りと併せて計算すると目安を算出しやすくなります。

建築費用の目安について詳しく知りたい方は「

」をご参照ください。

土地活用するならまずは比較しましょう!

カテゴリー
土地活用

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます