東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

賃貸物件オーナー必見!管理会社を見極める3つのポイント

公開日:2018年12月20日|最終更新日:2021年10月20日
twitterfacebookLINE

現在賃貸経営しているオーナーや、これから賃貸経営を検討している方にとって、長くパートナーとして付き合うことになる管理会社。ではどういった管理会社がオーナーにとって最善なのでしょうか。 管理会社を見極める3つのポイントをご紹介します。

Point1:空室解消の対応がきちんとなされているか

賃貸経営において最も重要な部分は、安定した家賃収入を得るために常に空室を作らないということです。しかし当然ながら、入居者の様々な理由により空室が発生してしまうことがあります。そういった場合に、管理会社が空室の解消の為に画策してくれるかどうかは、非常に重要なポイントです。

空室期間は、期間が長引くほど無収入の期間が発生し、オーナーにとっての負担が大きくなります。

実際にはその管理会社と契約してみなければ、空室の解消にどれほど尽力してくれるのかがわからない部分も多いのですが、契約前や問い合わせの段階でその管理会社の「空室率」や「平均空室期間」を聞くことは可能です。

Point2:滞納家賃の回収能力

入居者による家賃の滞納も、空室と同様オーナーにとって賃貸収入が得られないため、賃貸経営が破たんしてしまう危険性があります。

滞納している入居者が空室よりも悪質な場合があります。空室の場合はそこに新しい入居者を見つけることで無収入期間を終わらせられることが可能です。
しかし、滞納している入居者の場合は、支払いの意思が確認できない場合の強制退去にも一定の期間や条件が必要となり、すんなりと解決することができないケースがあります。

そういった事態において、管理会社が入居者から家賃をいかに回収できるのかもポイントです。このポイントも実際に契約してみなければわかりにくい部分ですが、滞納物件数を管理会社に確認することで、回収能力の有無を把握することができます。

Point3:適正な管理費で管理されているか

管理会社に支払うコスト面もしっかりとチェックしなければならないポイントです。一般的な管理代行の手数料の相場は家賃の5%前後と考えられています。管理費が相場と比較してどうかといった部分や、管理内容を詳しく見る必要があります。

上記の、空室解消や滞納の回収能力でも同様のことがいえるのですが、その管理費が適正かどうかを1社だけで判断することはできません複数社を比較し、管理会社のそれぞれの長所短所をしっかりと把握して、自分の理想に近い管理会社を探しましょう。

賃料一括査定で不動産をもっと高く貸せるかも!

ワンポイントアドバイス

賃貸管理 一括資料請求

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは賃貸管理を検討中の方が、管理会社に資料請求できるサービスです。

※請求依頼後、管理会社より連絡があります。

カテゴリー
賃貸管理 ,

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
一括問い合わせスタート