東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

インターネットの不動産査定を解説。AIを用いた査定などの特徴は?

公開日: 2021年9月29日 |最終更新日: 2021年11月9日

ご所有の不動産がいくらで売れるのか、インターネットで簡単に知ることができたら便利ですよね。しかし、不動産というのは建物の構造など物件ごとの違いが大きいため、単純に劣化状況を把握することは難しいです。
ここでは査定サイトなど、現在インターネットからできる不動産査定についてご紹介します。技術の進歩で登場した不動産のWEBサービスの現在地とその限界についても合わせて見ていきましょう。

金額次第で売却をされるという方は、こちらから無料査定をしてみてはいかがでしょうか。

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

インターネット不動産査定にはどんなサービスがある?

不動産査定ができるインターネットサービスにはいくつか種類があります。主に、「AI査定サービス(人工知能を使った査定)」、「マンション名でのオンライン査定」、「不動産一括査定サイト」の3種類です。以下の表は、は3種類のインターネット査定の特徴です。

主な3種類のインターネット査定とその特徴
3種類のインターネット査定 特徴
AI査定サービス(人工知能を使った査定) 取引事例のビックデータをもとにAIが査定
マンション名でのオンライン査定 マンション名からそのマンションの取引事例などから比較して査定
不動産一括査定サイト 複数の不動産会社に査定の依頼を一括で行う

さらに詳しく、仕組みや特徴をそれぞれ解説します。

AI査定サービス(人工知能を使った査定)

AI(人工知能)は、コンピューターが人間に変わって情報処理をすることを指します。近年は不動産の査定にもAIを導入している企業があり、インターネットから簡単に査定を行うことができます。
査定したい不動産の情報を入力すると、AIが周辺の取引データや地価などを使った情報(ビックデータ)と照合して、概算の金額がだしてくれます。ほとんど手間がかからないというのが利点です。

AIによる不動産査定の特徴とAI査定より一括査定がおすすめな理由

マンション名でのオンライン査定

マンションは戸建と違ってある程度画一的なので、売買実績などの具体的なデータを参考にしやすいという特徴があります。それをうまく活用した査定が、マンション名を使ったオンライン査定です。
基本的にはマンション名さえわかれば、マンションの築年数や間取り、そして実際にいくらで取引されたかなどといったデータが揃います。これにより、査定したいマンションの情報を入力すると、そのマンションを売却した場合の参考金額がわかるということです。

不動産一括査定サイト

インターネットから不動産会社に査定を依頼できるのが、一括査定サイトです。無料で査定を依頼できる他、いくつかの会社からもらう査定結果を比較できるので金額などが妥当かどうかも判断しやすくなります。
メールで査定に関するやり取りをすることで手間なく進めることもできますが、もし不動産を売却する予定があれば、そのまま対象の不動産に訪問してもらって正確な査定結果を出してもらうこともできます。

一括査定サイトなどのインターネット査定でわかることなど、詳しくはこちらからご確認ください。

無料と有料の不動産査定、不動産を売却するならどっちがいい?

不動産のインターネット査定の特徴と使い方は?

インターネットから査定ができる主なサービスをご紹介しましたが、サービスによってはいくつか注意しておくべき点があります。ここでインターネット査定の特徴と使い分けの仕方を見ていきます。

インターネット査定の弱点

AI査定などコンピューターが査定を行う場合、データにできない情報が含まれません。例えば、物件がどのように使われてたかというのは、実際に見てみないとわからない部分です。もし大きな瑕疵(問題)があったとしても、コンピューターには判断ができません。
このような理由から、現状のインターネットでの査定はあくまで参考価格であり、場合によってはあまり参考にできないこともあります。

実際にその金額では売却できない

もし不動産を実際に売却する場合、直接不動産をみての判断が求められます。つまり、今どきのインターネットサービスのように、インターネット査定の金額でサイトに物件を登録してそのまま売却ができる、というわけではありません。
もし売却を検討しているのであれば、一括査定サイトを通して不動産の査定を依頼してそのまま売却することが、結果的には一番手間の少ない方法となるかもしれません。

インターネットで完結する査定には物件ごとの個別性が反映されません。売却の可能性がある方は無料査定を活用しましょう。

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

不動産売却に関わるインターネットでのシミュレーション

インターネットでは、不動産価格を査定するだけでなく売却の前後で気になる住宅ローンの返済や税金などのシミュレーションをできるサイトもあります。具体的にはどんなシミュレーションができるのか、ご紹介します。

譲渡所得税シミュレーター

不動産売却で利益(譲渡所得)がでると額に応じて所得税や住民税がかかります。どのくらいで売れるかにもよりますが、場合によってはかなり高額になるので、初めから譲渡所得のシミュレーションをしておく必要があります。自宅の売却などに関しては特例を適用して税金を抑えることもあるので、何が適用できそうか、合わせて見てくといいでしょう。

住宅ローンの返済シミュレーター

住宅ローンの返済シミュレーターは、基本的には住宅ローンの返済額をシミュレーションするものですが、不動産を売却する時にも活用できます。不動産売却では、売却代金で住宅ローンを完済したり買い替えローンなどで新たにローンを組んだり、住宅ローンについて考える機会が多くなります。住宅ローン返済シミュレーションは銀行のサイトなどにありますので、活用してみてください。

住み替えシミュレーター

不動産の住み替えを検討している場合には、いくらで売却できそうなのかであったり自己資金がいくら必要なのかであったり、見通しをたてておきたいところです。住み替えシミュレーターは、インターネット上で簡単に住み替えをシミュレーションできるサイトもあるので、活用してみるといいでしょう。

カテゴリー
不動産売却 ,

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
無料査定スタート