東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

不動産売却活動の内容とは?高額売却のためのコツも紹介。

公開日: 2015年6月30日 |最終更新日: 2021年12月13日

不動産会社と媒介契約を締結すると、不動産会社は売却活動を開始します。

媒介契約についての解説は、下記コラムをご参照ください。

不動産会社が行う売却活動についての解説と、売却活動中にできる高く売却するための3つのコツを紹介します。

不動産売却の流れについては、下記コラムで詳しく解説しています。ご参照ください。

不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって差がでます!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

不動産会社が行う売却活動とは

物件の売り出しを開始すると、不動産会社は購入検討者に情報を知ってもらうために、以下の4つの方法で売却活動を行います。

  • レインズ(REINS)への登録
  • ポータルサイトへの登録
  • 周辺地域へのポスティング
  • オープンハウス

レインズ(REINS)への登録

不動産会社は媒介契約に基づいて、レインズ(Real Estate Information Network System)へ物件情報を登録します。

レインズは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営する、不動産流通のためのネットワークシステムです。全国の不動産会社が加入しているため、物件情報を多くの人に向けて公開することができます。

不動産会社しか閲覧できないシステムなため、不動産会社を介してレインズへ登録します。登録後は全国の不動産会社が閲覧することができ、お客様に紹介することができます。

レインズについての詳しい解説は、下記コラムをご確認ください。

レインズを介して、購入検討者から連絡を受けて、内覧対応などを行います。購入検討者からの連絡内容などについて、媒介契約に基づき、定期的な業務報告を受けます。

ポータルサイトへの登録

レインズは、不動産会社しか閲覧できないシステムのため、一般の購入検討者が直接不動産の情報を見ることはできません。

そこで、不動産会社は物件掲載型のポータルサイトに物件情報を掲載し、購入検討者が直接不動産の情報を調べられるようにします。

周辺地域へのポスティング

近隣の家にチラシを配布することで、購入希望者を探します。

これは不動産会社の営業マン自らが行うケースが多く、こういった「足で稼ぐ」売却活動が売買制約に結び付くケースは珍しくありません。

ただ、近隣の方に物件を売却することを知られたくない場合には、不動産会社と相談してポスティングを回避しましょう。

ポスティングで投函するチラシの作成費用などは、仲介手数料に含まれるため、追加料金は発生しません。ただ、媒介契約の内容によっては追加費用が発生することもあるため、契約内容をきちんと確認しましょう。

オープンハウス

売り出した不動産を誰でも気軽に見に来てもらうためのイベントです。

オープンハウスは基本的に事前の予約や手続きが不要で見に行けるので、購入検討者にとってはわずらわしさもなく、不動産を見ることができます。

ポスティングと同じく、近隣の方に知られたくない場合は、オープンハウスは回避しましょう。

不動産の査定は複数社に依頼しましょう!

売却活動中の3つのコツ

物件を高く売却するための、3つのコツを紹介します。

不動産会社に完全に任せずに、できる限り積極的に売却活動に酸化しましょう。

内覧対応のために部屋をきれいにする

購入検討者が実際に物件を訪れて見ることを、内覧といいます。

内覧時には、きれいで魅力的な物件か細かく見られます。特に、水回りや玄関をきれいに掃除しましょう。

また、できる限り内覧に立ち会って、購入検討者からの質問に答えたり、実際に住んでいる感想などを直接伝えましょう。

ホームステージングや簡単なリフォームを行う

おしゃれな部屋

部屋をより魅力的に見せる方法として、ホームステージングがあります。

ホームステージングは、部屋をプロがコーディネートし、魅せるために家具やインテリアを設置します。欧米では一般的な不動産売却手法として普及しており、最近日本でも注目されています。

おしゃれな家具やインテリアを短期間レンタルして、物件をより魅力的に魅せます。

また、部屋のキズや掃除で落ちない汚れ等は、簡単なリフォーム工事できれいにすることもおすすめです。

ただ、大規模なリフォーム工事は注意が必要です。高額なリフォーム代金を売却価格に上乗せしても、高額になってしまい買い手が見つかりにくくなることがあります。

不動産会社と相談して、適切なアドバイスをもらい、内覧のために行動しましょう。

不動産が売れない場合の打開策などを紹介しています。コラムを確認して、未然に対策を講じましょう。

囲い込みが行われていないかを確認する

不動産売却の際に気をつけたいことが、「囲い込み」です。囲い込みは、不動産会社が両手取引をしたいために、売却依頼を受けた物件の情報を市場に公開しない行為です。

両手取引とは不動産会社が売主からの仲介依頼を受け、自社でその不動産の購入希望者を見つけ、そちらの仲介も行うことを言います。

囲い込みや両手取引について詳しいことは、こちらからご確認ください。

囲い込みによって、通常の売却活動が行われず、売却期間が延びたり、売却価格の不当な値下げをされることがあります。

これを防ぐために、不動産会社からの販売活動報告を受けたり、レインズの登録情報を確認しましょう。

レインズは、不動産会社のみ閲覧できるサイトですが、自分の物件のみ確認することができます。定期的に不動産会社の販売活動の進捗を確認して囲い込みを防ぎましょう。

売却活動は不動産会社選びが重要

売却活動では、不動産会社の経験が重要です。高額売却の経験を活かした売却活動を期待できます。

優良な不動産会社を選びましょう

物件を高額で売却するためのノウハウを多く持っている優良な不動産会社を選びましょう。

不動産会社と媒介契約を結ぶ前に、査定額を出してもらいます。その査定結果に対する、妥当性が高い不動産会社が優良な不動産会社です。

一括査定サイトで簡単に不動産会社選びを

複数の不動産会社に査定の依頼をして、比較することは大きな手間です。一括査定サイトを利用すれば、物件の簡単な情報を入力をするだけで、複数の不動産会社に査定の依頼と相談ができます。

査定結果と、その妥当性などを比較して、優良な不動産会社を選びましょう。

一括査定サイトを利用するメリットなどを詳しく解説しています。下記コラムをご参照ください。

リビンマッチ編集部より
これらが主な売却活動です。売却活動の方法は不動産会社によってさまざまで、これ以外にもその会社独自のサービスやネットワークを使ったものなどがあります。
また、どれほど売却活動を行っても反響が少なかったり成約まで結びつかない場合は、定期的に売却活動を見直す必要があります。

一般媒介契約で不動産会社と媒介契約を結んだ場合、不動産会社は売主に売却活動の報告をする義務はありません。そのため、あまり効果のない売却活動が長期的に行われることもあることがあります。

そういたことがないように、売主は気になったことがあれば随時売却活動の報告を受けるように求め、効果的な売却活動を模索していきましょう。

不動産の売却活動に関するよくある質問

不動産の売却活動では何をするの?
物件情報サイトへの掲載やレインズへの登録、チラシ配り、オープンハウスなどを行います。売主の事情に合わせて、不動産会社が的確な売却活動をします。
売却活動中に売主がすべきことは?
購入希望者への内覧対応や、定期的に売却活動の確認を行いましょう。物件を魅力的に見せるために掃除やホームステージングなどを行うことをおすすめします。

不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって差がでます!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
無料査定スタート