東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

「住み替え資金の捻出のため、使わない土地を売ることにしました」

公開日: 2020年9月9日 |最終更新日: 2022年8月30日
「住み替え資金の捻出のため、使わない土地を売ることにしました」
ご利用者(O様)の概要
お名前 O様
性別 男性
年齢 40代
リビンマッチ利用時期 2020年7月
媒介契約締結時期 2020年7月
物件所在地 静岡県静岡市
物件種別 土地
契約形態 専任媒介
査定最高価格 1,230万円
査定最低価格 1,200万円
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます

生活スタイルの変化に併せて住み替え

―――― お持ちの不動産を売却することにした理由を聞かせてください

今の家から住み替えることを検討しています。子供がまだ学校に通っているので、同じ市内で引っ越しをしたいと考えています。

その資金を捻出するために、手狭で使わなくなった実家近くの土地を売却することにしました。

価格や条件を比較検討

―――― リビンマッチを利用された理由は?

そもそもリビンマッチを選んだのは、「比較検討ができる」という広告を目にして、そこに魅力を感じたからです。イメージ通り複数の会社を比較できて良かったのですが、どの会社も希望している金額には届いていませんでした。

―――― 専任媒介契約をされた決め手は?

市場価格は約1,200万円ということで納得し、金額ではなく、営業の方が親切にしてくれた会社に媒介を頼むことにしました。

そこの営業の方は対応が早く、土地の現状を丁寧に調べてくれました。その方に是非任せたいと思ったので、専任媒介契約でお願いしています。

高い金額で売るために時間がかかることは覚悟の上

―――― まだ売却中とのことですが、苦労されている点はなんですか?

今回の売却理由は住み替えだったので、少しでも高く売れるように高い価格で売り出しを開始。それがネックとなっていて購入希望者が現れていません。

売却はまだ先になりそうです。しばらくは様子をみて、売れないようであれば市場価格である1,200万円まで金額を落とすことはあると思います。

老後は持ち家と賃貸のどっちがいい?持ち家の売却で住み替える方法

編集部コメント:

一般的な住み替えの場合、今住んでいる家の売却と、これから住む家の購入のどちらを先に行うかが重要です。どちらを先に行ってもメリットはありますが、基本的には売り先行の方が、売り急ぐことがなく、2重ローンのリスクもないのでおすすめされることが多いです。
しかし今回は、住んでいる家の売却ではなく、所有する他の土地売却とのこと。じっくりと時間をかけて、資金を捻出し、その上で新居を探すことができるでしょう。

カテゴリー
不動産売却
タグ

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます