東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

取引態様の明示とは? 取引態様の明示の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

取引態様の明示(トリヒキタイヨウノメイジ)

宅地建物取引業者が行う取引においては①自己取引、②代理取引、③媒介取引があります。代理と媒介の違いは「契約締結権限があるかないか」であり、権限があれば代理、なければ媒介となります。さらに媒介取引は一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の形態に分かれます。宅地建物取引業者は取引広告および取引の受注の際に明示することが義務付けられています。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定