東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

生放流とは? 生放流の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

生放流(ナマホウリュウ)

下水道が完備されている区域では、汚水をそれぞれの住居の浄化槽で浄化する必要がないため、そのまま公共の下水道に流すことが可能です。汚水を生で放流できるという意味で、このことを不動産業界では「生放流」と呼んでいます。しかし一般には理解しにくい用語なので、不動産販売で利用するパンフレットなどでは、「下水は公共下水道に直接流すことが可能」などと記すと良いでしょう。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定