東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

ハザードマップとは? ハザードマップの解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

ハザードマップ(ハザードマップ)

災害予測地図のことです。自然災害によって起こりうる被害を事前に予測し、想定される被害の程度や範囲、避難の経路や場所などを地図にしたものです。それぞれの地域の特性に応じて土砂災害、洪水、津波、地震などに対応したハザードマップが自治体などによって制作されています。これによって、実際に災害が起きた際には素早く避難を行うことができますし、危険な区域も把握できるようになっています。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定