東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

ワイドスパンとは? ワイドスパンの解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

ワイドスパン(ワイドスパン)

住宅において柱と柱(もしくは壁)の間隔をスパンといいます。従来の木造住宅ではサッシがある開口部などは1間(約1.8M)から2間程度でした。鉄骨構造などによりワイドスパンが可能になり、3間以上の開口部を設けられるようになりました。また従来のマンションではバルコニー側の間口部は6M程度でしたが、現在では7~8Mのものをワイドスパンと呼びます。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定