東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

国土法の届出とは? 国土法の届出の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

国土法の届出(コクドホウノトドケデ)

国土の計画的利用を目的として1974年に制定された国土利用計画法では、土地取引を規制する制度が定められています。規制の内容は、土地取引に行政庁の許可となる許可制と、土地取引に伴って届出をする届出制に分けられています。この制度に従って行われる届出のことを国土法の届出と呼んでいます。届出対象となるのは、注視区域・監視区域(事前届出)、面積2,000平方メートル~の土地の取引(事後届出)です。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定