東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

固定資産課税台帳の縦覧制度とは? 固定資産課税台帳の縦覧制度の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

固定資産課税台帳の縦覧制度(コテイシサンカゼイダイチョウノジュウランセイド)

固定資産税の固定資産税評価額や納税義務者などを記載した帳簿を固定資産課税台帳といいます。固定資産課税台帳は、2002年度まで毎年3月に縦覧期間が設けられていました。しかし、縦覧制度を縦覧できるものは納税義務者や同居する家族、または納税義務者からの委任を受けた代理人のみとされていました。この問題点を解決するために2003年から新しい「固定資産課税台帳の縦覧制度」が実施されるようになりました。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定