東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

固定資産税の軽減措置とは? 固定資産税の軽減措置の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

固定資産税の軽減措置(コテイシサンゼイノケイゲンソチ)

固定資産税の軽減措置とは、新築住宅に対し一定期間固定資産税の課税額を減額する措置のことをいいます。特例についてはルールがあり、対象住宅は床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であることや、適用は平成28年3月末までとされています。一般の住宅については新築後3年間、中高層耐火住宅については、新築後5年間において床面積120平方メートル相当部分固定資産税減額されます。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定