東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

収益還元法とは? 収益還元法の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

収益還元法(シュウエキカンゲンホウ)

不動産鑑定評価の手法の一つで、将来その不動産から見込まれる収益を基に不動産価格を算出するため、その試算価格は収益価格と呼ばれます。この収益還元法は直接還元法とDCF法に分けられ、前者は一定期間の純収益を還元利回りと呼ぶ一定の利回りで割り出すことで収益価格を算出します。一方のDCF法は期間を分割し、それぞれの純収益と割引率を用いて現在価格に換算した後、その合計値を収益価格とします。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定