東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー
不動産用語集トップへ

生石灰とは? 生石灰の解説|リビンマッチ 不動産用語集

不動産用語集

生石灰(セイセッカイ)

石灰石を高温で焼成して得られる白色の物質で、主成分は酸化カルシウムです。セメントの材料として多く用いられ、ガラスや陶磁器の副原料、また土壌改良剤としても使われています。水と化学反応して発熱するため、弁当や飲料の加温剤としても利用されています。生石灰が水を吸収したものは消石灰と呼ばれます。

前のページに戻る
キーワードで検索

50音で探す

不動産一括査定スタート
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
チャットで簡単査定