東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

大家検定(不動産実務検定)は不動産投資において役立つか

更新日:
大家検定(不動産実務検定)は不動産投資において役立つか

大家検定をご存じでしょうか。

大家さんや、将来、大家を目指している方、不動産会社で働く社員向けのもので、正式には「不動産実務検定」と言います。

不動産の投資から経営、税金対策、土地活用までを網羅する実践的知識を学べるため、注目を集めています。

大家検定(不動産実務検定)とはどんな検定?

大家検定は2009年12月1日に設立された一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)によって定められた技能検定で、上からマスター、1級、2級と分かれています。

2級は主に賃貸物件の管理運営に関する知識を学び、1級では不動産投資・土地活用に関する知識と技能を学びます。
マスターになると、不動産運用設計、建築プランニング、相続対策など、不動産にまつわる総合的な知識と技能を学べます。

この資格が存在する以前では、市販されている不動産投資入門といった本を読んだり、コンサルティング会社が開くセミナーや講演会に参加して学ぶしかありませんでした。
不動産実務検定が誕生したことで、4つの分野を体系だって学ぶことができるようになりました。

また、現在では、不動産会社の社員が資格取得を目指すほどになりました。

コンシェルジュ

完全無料】土地活用は必ず複数社のプランを比較検討してください!一括プラン請求はこちらから

アパート経営・マンション経営において役立つ点とは

不動産実務検定は、親しみもって大家検定と呼ばれていますが、内容は極めて実務的です。

例えば、空き室の契約を獲得するための空き室対策、避けることのできない賃料滞納トラブルへの対策法、リフォームをする際のコスト削減法、
賃貸経営にまつわる法律知識、賃貸管理の運営ノウハウ、賃貸経営で求められる税金対策、大家になるための不動産投資の基礎などです。

中でも、多くの大家さんが空き室対策に頭を悩ませている現状において、基本的な知識と体系化された空き室対策を知ることで、人口動態に合わせたリフォームなど、地域ごとの違いに即した経営ができる知識がつきます。

最近では滞納トラブルやゴミ出しのトラブルだけでなく、民泊や外国人借家人による生活習慣の違いによる摩擦も増えていますが、法律知識に基づいたトラブル対策を講じるのに役に立ちます。

コンシェルジュ

完全無料】ご希望の項目を選択して一括資料請求!プランを比較検討しましょう!

大家検定の概要は?

大家検定2級では貸管理運営に関する知識を習得します。

地域の人口動態や需給予測、募集と契約、管理とトラブル対処などに加えて、借地借家法も学びます。
これにより、空き室対策や契約手続き、家賃滞納や敷金生産問題に対処できるので、大家さんに欠かせない資格と言えます。

1級では、不動産投資戦略と調査、事業収支計画の策定や競売実務に加えて、建築知識、民法と税務、ファイナンス知識を学びます。
これにより、投資から法律まで不動産事業にまつわる体系的な実務知識を学び、不動産専門家と対等に交渉できます。

マスターは、検定公認のインストラクター資格です。
合格することで、これから大家検定を受ける方を指導する立場です。

1級と2級には特に受験資格に制限はなく、どちらも4問択一問題を60分で50問回答する筆記試験です。
70%以上の正答率が出せれば合格することができます。

受験テストは随時行われており、全国で受験が可能です。

こちらのコラムもご参照ください。

コンシェルジュ

簡単お手続き】最短45秒の入力だけで複数社に資料請求できます!ぜひご活用ください!

カテゴリー
土地活用

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます