東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
スマホメニュー

まだ間に合う!

悩んでないで即行動

住宅ローン返済にお困りの方
競売開始決定通知が届いた方

任意売却という選択があります 全国で無料相談の受付中!

イメージキャラクター
坂下千里子さん
イメージキャラクター 坂下千里子さん
まずはご相談ください。複数の専門業者が提示する査定額を比較できる!

任意売却に関する
相談窓口を探す

エリアから探す

北海道 北海道
甲信越・北陸 長野 新潟 山梨 富山 石川 福井
関東
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国
四国
九州・沖縄

任意売却って?

「任意売却」とは、不動産所有者本人の意思により、不動産に対して抵当権を設定している債権者(銀行やカードローン会社を代表とした金融機関)や利害関係者に抵当権や差押登記などを解除してもらい、債務者である売主(不動産の所有者)と買主との間における売買契約をすることです。
通常、抵当権や差押登記が設定されている場合、売主は買主に所有権を譲渡するまで、登記を外さなければなりません。通常、抵当権など担保権の登記設定をした債権者から借り入れた金銭と売却にかかる諸経費以上の金額で不動産を売却することができれば、問題は発生しません。
しかし住宅ローンを滞納しているケースでは、購入時の金額よりも現在の市場相場の方が下回っている場合がほとんどです。そのため、売るに売れない状態が生まれるのです。
住宅ローンをそのまま返済しないと、抵当権等を設定した担保権者は最終手段として競売手続きを申請します。そうなると、所有者の意思とは関係なく、一番高い価格で入札をした会社や個人に不動産の所有権を移転しなければなりません。
任意売却を行うと、そういった状況を回避できます。債務者(不動産の所有者)と債権者が任意売却による不動産売却に合意すれば、抵当権等担保権外してもらうことができるので、競売になるよりも迅速に解決ができます。また、相場に近い金額で売却をすることができますので、債務者にとっては回収金額が多くなるというメリットがあります。

リビンマッチ任意売却のポイント

依頼内容は完全非公開

依頼内容は完全非公開

当サイトの利用により、お客様の物件や個人情報が許可なくネットなどに公開されることは一切ございません。

ご相談無料

ご相談無料

すべて無料でご利用いただけます。当サイトがお客様に費用をご請求することは一切ございません。

「個人情報保護」

「個人情報保護」

当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しており、お客様の個人情報は安全に保護されています。

任意売却のながれ

STEP1

当サイトで必要な情報を入力

当サイトで必要
な情報を入力

STEP2

提携機関より連絡

提携機関より
連絡

STEP3

相談(無料)

相談(無料)

STEP4

提携機関と契約

提携機関と契約

(納得できた場合のみ)

STEP5

売却活動の開始

売却活動の開始

FINISH

売却完了

売却完了

任意売却のメリット

1

競売よりも高く売れる可能性があります。

任意売却は、通常の不動産売却と同様に一般の市場で売却活動を行えます。競売手続きの場合は、室内を見ることができないため、一般の購入希望者ではなく不動産業者が落札することが多くなります。落札金額は物件の相場より低くなるケースがほとんどです。任意売却であれば、相場に近い金額で売却することができ、債務の圧縮も可能です。

2

競売よりも短期間で売却できる可能性があります。

競売の場合、差押えの申立をされてから入札開始まで、一般的に半年から8ヶ月程の期間が空きます。任意売却は買主さえ見つかれば、あとは手続きを行うだけですので、競売よりも短期間で売却をすることが可能です。

3

残債務の交渉がしやすくなります。

任意売却は債権者の協力が必要ですが、所有者の意思がなければ、不動産を売却できません。債権者は残債務をなるべく多く回収することが目的です。任意売却を行うことで、競売よりも多くの回収金額を見込めるため、話し合いにも良好な関係で対応してもらえることが多くなります。
また、債務者のなかには、任意売却を成立させるために引っ越し代相当の配分を認めてくれる可能性があります。

4

周囲の人に知られず売却することができます。

競売の場合、あなたの不動産が競売にかけられているという情報が公開されてしまうので、住宅ローンの支払いが滞っていることが推測されてしまいます。一方、任意売却であれば購入を検討されている方以外には、住宅ローンが払えない理由ということは推測が難しい状態で売却活動ができます。

お客様とのお約束

お見積りは完全無料

お見積りは、完全無料です。当サイトがお客様に費用をご請求することは一切ありません。

依頼内容は公開されません

当サイトの利用によってお客様の物件や個人情報が許可なくネットなどに公開されることは一切ありません。

個人情報は保護されています

当サイトはプライバシーマーク認定企業が運営しています。お客様の個人情報は大切に保護されています。

お役立ちコンテンツ

不動産売却の譲渡所得とは?かかる所得税や納める時期も併せてご紹介

不動産売却の譲渡所得とは?かかる所得税や納める時期も併せてご紹介

個人が不動産や株式を譲渡した時の所得を「譲渡所得」といいます。譲渡所得は通常の給与とは区別して計算する必要があり、普段から給与以外の所得がない人にとっては、考え方や計算、申告方法、税金(所得税)などわからないことが多いかもしれません。ここでは不動産を売却した時の譲渡所得と譲渡所得にかかる所得税についてご紹介します。

仲介手数料のしくみ

仲介手数料のしくみ

不動産の売買や賃貸借の取引において、不動産会社に仲介してもらう場合、取引が成立すると仲介手数料を支払わなければなりません。 仲介手数料には宅建業法で定められた算出法で上限が決められており、その範囲内で不動産会社が自由に決めることができます。 では、どういったものなのでしょうか。

不動産の価格と種類

不動産の価格と種類

不動産の価格の種類は1つだけではありません、様々な条件から「希望売却価格」「査定価格」「市場価格」「成約価格」といった価格が決定します。では、それぞれの不動産価格はどういった意味なのでしょうか?

不動産売却に必要な書類とは?あれば役立つ書類も併せてご紹介!

不動産売却に必要な書類とは?あれば役立つ書類も併せてご紹介!

不動産の売却までにはいくつかステップがあり、それぞれで必要な書類があります。また、物件種別によっても必要書類は違います。不動産を売却する時はいかに手際よく進められるかが大切ですので、事前に必要な書類を確認して、スムーズに手配できるよう準備していきましょう。

住み替えの種類

住み替えの種類

住み替えの方法には主に2つの種類があります。「売り先行型」「買い先行型」と呼ばれるそれぞれの住み替えとはどういったもので、またどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

相続登記手続きの流れ

相続登記手続きの流れ

相続で自身の親御さんや親戚の不動産を相続した場合、相続登記の手続きをして名義を変更しなくてはいけません。相続登記の手続きを行わなければその不動産を売却できなかったり、不動産を担保にすることが難しくなります。では相続登記手続きとはどういった流れなのでしょうか。

Pick up!

テレビCMピックアップ

不動産会社向けサービス

仕入れ担当の方はこちら 全広告商品のご紹介
不動産査定プレゼント 土地活用プレゼント
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
任意売却相談はコチラ