リビン・テクノロジーズが20周年 リビン・テクノロジーズが20周年
東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)が運営するサービスです  証券コード:4445

不動産をもっと高く
貸したいあなたへ!

賃料一括査定で

不動産をもっと高く
貸せるかも!

ご利用は無料です!入力も簡単!

イメージキャラクター
複数の管理会社に一括資料請求! 
最適な管理会社で満室経営

賃貸管理に関する
相談窓口を探す

物件種別から探す

賃貸管理開始までのながれ

ステップ1

当サイトからお問い合わせ

リビンマッチから
問い合わせ

ステップ2

お見積もりや資料が届く

ご依頼物件の地域・種別を得意とする会社からお見積もりや資料が届く

ステップ3

お見積もりや資料を比較検討

お見積もりや資料を比較検討

※不明点は管理会社に遠慮なくご質問ください

ステップ4

必要に応じて管理会社と詳細を確認・お打ち合わせ

必要に応じて管理会社と詳細を確認・お打ち合わせ

※ご希望の管理会社があった場合

ステップ5

ご納得できた場合のみご契約ください

ご納得できた場合のみご契約ください

賃貸管理開始

賃貸管理開始

賃貸管理開始

リビンマッチ賃貸管理のポイント

一括査定で比較ができる

賃料を一括で比較できる

約150社以上の登録事業所の中から、より良い条件の賃貸管理会社を一括で比較検討出来ます。

賃料を一括で比較できる

ネットで簡単手続き

必要事項を入力して、賃貸管理会社から賃料の査定結果・収益プランの資料が到着するのをお待ち下さい。

ご利用料金はかかりません

ご利用料金はかかりません

完全無料でご利用できます。

賃貸管理とは

賃貸管理とは、アパート、マンション、ビル、店舗、オフィスなどの不動産を所有する人が、入居を希望する人や企業に貸し出す際に発生する管理業務のことです。不動産を貸し出す人は、借りた人が正常に使える状態を維持する義務があります。そのため、ただ貸すだけではなく、不具合や欠陥などがないように管理する必要があるのです。

賃貸管理に含まれる業務には次のものがあります。

賃貸管理に含まれる業務
業務項目 業務内容
入居者の募集 入居する人や企業を探す業務です。
方法は、物件に看板を設置する、チラシを配る、不動産ポータルサイトに掲載するなどがあります。
契約関連 入居者との賃貸借契約、契約の更新、解約手続きなどの業務です。
契約に必要な書面の作成や説明なども含まれます。
入金確認 敷金、礼金、家賃、更新料などが指定された期日までに入金されているか管理する業務です。
賃貸による収入は税申告が必要になるため、正確な管理が求められます。
滞納者への対応 家賃や更新料などを滞納している入居者に対して、入金を催促する業務です。
改善が見られない場合は訴訟を起こす必要もあります。
トラブル・クレーム対応 建物に対してのクレームや入居者同士のトラブルに対応する業務です。
深夜や早朝など時間に関係なく起こることがありますが、なるべく早急な対応が必要です。
設備の維持管理 不動産の設備が正常に機能するように管理する業務です。
給排水や通路・階段等の電気設備、エレベーター、貯水槽などの点検や整備などが代表的です。
清掃業務 建物内の共用部分などの清掃も賃貸管理の業務です。
大規模修繕の実施 アパートやマンションなどの建物は、時間の経過と共に劣化するため、大規模修繕を定期的に実施する必要があります。
大規模修繕の代表的なものが外壁の塗り替えや屋根の葺き替えです。
大規模修繕の実施時期や費用の積み立てなどの計画は、賃貸管理の大切な業務です。

賃貸物件を貸し出すことで家賃収入を得られますが、空室の状態が長く続くこともあります。常に安定した家賃収入を得るためには、適切な賃貸管理が求められます。

賃貸管理の方法

賃貸管理の方法は、所有者が自ら管理をする「自主管理」と、不動産会社などに管理を委託する「委託管理」の2種類です。それぞれメリット、デメリットが異なるため確認しておきましょう。

自主管理

不動産を自主管理で行うメリットとデメリットは次のとおりです。

自主管理のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 賃貸管理にかかる費用を抑えられる
  • 賃貸物件を運用する知識や経験が身につく
  • 入居者と直接コミュニケーションが取れる
  • 苦情やトラブルに対応する必要がある
  • 賃貸物件を運用するための専門知識が求められる
  • 運用するための手間がかかる
  • システムの導入などのコストがかかる

不動産の自主管理は、管理業務を自身で行う必要があるため、手間がかかります。また法的な知識が求められる場面も多いため、適切な対応ができるように身につけておく必要があります。

一方で、管理業務を貸主の判断で行えるため、資金管理をコントロールしやすくなります。上手に運用ができれば、委託管理と比較して利益が残せる可能性が高くなります。

委託管理

賃貸物件を委託管理で行うメリットとデメリットは次のとおりです。

委託管理のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 苦情やトラブルに対応する必要がない
  • トラブルを未然に防げる
  • 入居率や収益性が向上する可能性がある
  • 賃貸物件に必要な専門知識が身に付きにくい
  • 賃貸委託費がかかるので自主管理よりもコストがかかる

不動産の委託管理は、管理業務のほとんどを依頼できるため、手間がかかりません。賃貸管理の知識や経験を持った専門家が運用するため、トラブルやクレームを未然に回避できる場合も多いでしょう。

依頼先に賃貸委託費を支払う必要がありますが、入居者が集まり空室を減らすことができれば、結果的に自主管理よりも利益が残せる可能性があります。

リビンマッチの賃貸管理でできること

不動産の賃貸を始めるには、貸したい物件の賃料(家賃)や、賃貸管理会社に委託した際の費用がいくらになるのかを知るところから始めましょう。

家賃の収益プランから初期費用やランニングコストといった支出まで、金銭面を明確にしていけば、不動産の賃貸に向けて具体的な計画をたてられます。リビンマッチ賃貸管理なら、一度の情報入力で複数の賃貸管理会社に一括で問い合わせできるので、不動産会社に出向くことなく簡単に資料請求ができます。

また、すでに不動産の賃貸をしており、契約中の賃貸管理会社に不満を持っている人も見直しのためにリビンマッチ賃貸管理をご活用ください。賃貸管理会社によって、収益プランや管理費用、管理業務の適応範囲は異なります。 リビンマッチ賃貸管理には150社以上が登録中で、賃貸管理会社の変更にもご利用いただけます。

持ち家が一時的に空き家なる場合も貸すことができる

転勤で持ち家が空室になるなら、人に貸して賃料収入を得るというのは賢い選択です。 空き家のまま放置しておくのは、防犯上の理由からもよくありません。また、住宅ローンの返済が残っている場合は、賃料を返済にまわすこともできます。賃貸管理会社に入居者の募集や留守中の家の管理を任せておけば、転勤中でも安心です。

リビンマッチ賃貸管理なら、留守宅管理に対応してくれる賃貸管理会社を探すことができます。急な転勤や準備で不動産会社を訪ね探す時間がとれない方でも、複数の賃貸管理会社に一括で問い合わせできるので、効率よく賃料収入を得ることができます。

リビンマッチ賃貸管理の利用は完全無料

リビンマッチ賃貸管理」は完全無料です。 複数の賃貸管理会社へ一括で資料請求・家賃査定を依頼できるサービスです。使い方は簡単で、貸したい不動産の情報と連絡先を入力するだけです。150社以上の登録会社の中から、あなたの不動産に対応可能な賃貸管理会社をご提案します。

厳選された賃貸管理会社の中から、相談してみたい会社を選択して、お手続きは完了です。あとは、賃貸管理会社から賃料の査定結果・収益プランの資料が到着するのを待つだけです。賃貸管理会社をお探しの方は、是非「リビンマッチ賃貸管理」をご利用ください。

賃貸管理コラム

Pick up!

無料アプリ「らくらく不動産査定」 利用者の声 利用者様のアンケート メタ住宅展示場

不動産会社向けサービス

仕入れ担当の方はこちら 全広告商品のご紹介 不動産ビジネスバンク
不動産査定プレゼント 土地活用プレゼント
Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
ページトップへ
コンシェルジュ

完全無料でご利用できます