東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

借金500万を住宅ローンに上乗せできる?|返済を軽減する3つの方法

更新日:
借金500万を住宅ローンに上乗せできる?|返済を軽減する3つの方法

借金の返済がつらい…。住宅ローンに借金の500万円を上乗せできないものか。

住宅ローンの金利が低いため、借金を上乗せして一本化したいと思う人もいるでしょう。しかし、そんな都合のよいことはできるのでしょうか。また、ほかに借金の負担を軽減する方法はあるのでしょうか。重い借金の負担を軽減する方法を紹介します。

借金500万円を住宅ローンに上乗せできる?

借金の額が大きくなると毎月きちんと返済しても、大部分が金利の返済に充てられてしまい、なかなか元金を減らせません。このままでは、いつまでも借金を返済し続けることになります。

借金500万円を金利の低い住宅ローンに組み込んで一本化できれば、金利が下がるため返済が楽になる可能性があります。

借金を住宅ローンに一本化はできない

通常、住宅ローンに借金を組み込んで一本化することはできません。なぜなら住宅ローンは、あくまでも住宅の購入を目的とするローンのためです。住宅ローンは高い金額を長期間で返済していくからこそ、低金利に設定されています。

そのため、住宅の購入に関連する諸経費などを除いて、借金は住宅ローンに組み込めません。

借り換えで借金を一本化できることも

例外的に、住宅ローンに借金を組み込んで、一本化できる金融機関があります。たとえば、ろうきんでは、住宅ローンに最大500万円をプラスして借金を一本化できる「住宅プラス500」や「住きっと!500」などを提供しています。このプラスできる500万円の使用目的は制限されていません。

たとえば、家具・家電の購入費用や引っ越し費用など新生活の準備資金だけでなく、ろうきんやほかの金融機関で利用中のローンにも利用できます。

住宅ローンに加えて最高500万円まで、新たな無担保資金やご返済中の無担保ローンの借換え費用、新居でご利用される家具・カーテン・家電等の家財購入費用も合算することができます。

近畿ろうきん「住宅プラス500」

ろうきん以外にも、住宅ローンに最高500万円までプラスできる商品を用意している金融機関があります。

住宅ローンに借金を組み込んで一本化するローンも、結局は住宅ローンなので自宅の土地・建物に第1順位の抵当権を設定しなければいけません。そのため、担保として不適格な物件の場合、利用できないおそれがあります。

抵当権
住宅ローンの契約にあたって金融機関が住宅や土地を担保にする権利のこと。抵当権は複数設定でき、もし返済が滞ったときは抵当権を設定した住宅や土地を売却し、順位が高いところから売却代金を返済に充てる。

また、住宅購入資金にプラスして融資を受けるため、早期に売却すると、売却代金で住宅ローンの残債を払いきれない場合があります。

毎月の借金返済の負担が重いと思ったら、このような住宅ローンと一本化できる商品を取り扱っている金融機関を探しましょう。

借金の負担を軽減する3つの方法

借金の負担を軽減する方法は、次の3つです。

  • 低金利のローンに借り換える
  • 任意整理にんいせいりで将来利息をカットする
  • 個人再生で自宅を守りながら借金を減額する

それぞれの方法について解説します。

低金利のローンに借り換える

できるだけ低い金利のローンに借金を一本化することで、月々の返済の負担を軽減できます。たとえば、各金融機関が住宅ローンの契約者向けに提供するフリーローンや、おまとめローンといった商品があります。

借り換えのメリット・デメリット

借り換えのメリットは、金利を下げたうえで借金を一本化でき、返済の計画が立てやすいことです。金利が低くなった分、毎月の支払い額を抑えられます。また、借り換えで借金を一本化することで、1社だけに返済すればよく、毎月の返済計画も立てやすくなります。

デメリットは、低金利のローンであればあるほど審査が厳しいため、審査にとおらない場合があることです。借り換えをしても、借金の総額は減りません。

任意整理で借金を整理する

任意整理とは貸金業者に対して、将来利息のカットを交渉することです。任意整理を利用するには、弁護士か司法書士に金融機関との交渉を依頼します。

毎月決まった金額を返済していても、返済額のうち、かなりの金額が利息に充てられています。任意整理をすると将来にわたって払わなければいけない利息(将来利息)をカットでき、結果的に借金を減額できるのです。利息をカットした分だけ毎月の返済額が下げられ、借金返済の負担を軽減できます。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理をすると将来利息をカットできるため、借金の総額や毎月の返済額が減るメリットがあります。

しかし、任意整理をすると信用情報機関に登録され、一定期間ローンを組んだりクレジットカードをつくったりが難しくなるデメリットがあります。

個人再生でマイホームを守る

個人再生は借金を5分の1まで減額してもらい、減額された借金を原則3年間で返済する方法です。個人再生を利用するには、裁判所に申し立てが必要です。裁判所への提出書類を作成するには、法律の専門知識が必要なので、基本的に弁護士か司法書士に依頼したほうがよいでしょう。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリットは自宅を守れることです。住宅ローン特則を利用すれば、住宅ローンの返済を継続したまま、自宅を処分せずに借金を減額できます。

住宅ローン特則
民事再生法に定められている制度で、正式名称は「住宅資金特別条項」といい、住宅ローンを個人再生の対象から外すなどができる。利用には住宅が居住用であること、債務者が所有していることなどの条件がある。

デメリットは任意整理と同様に、信用情報機関に登録され一定期間、ローンを組んだり、クレジットカードをつくったりが難しくなることです。また、個人再生は特定の債権者だけを対象外にできず、車のローンや、知人・親戚からの借り入れも対象になってしまいます。

借金の軽減方法まとめ

紹介した借金の軽減方法の特徴を次の表にまとめました。

借金を軽減する方法
  借り換え 任意整理 個人再生
借金の減額 原則できない 将来利息をカット 借金を5分の1まで減額
債権者の数 一本化できる 変わらない 変わらない
利用方法 金融機関に相談 弁護士か司法書士に依頼 弁護士か司法書士に依頼
裁判所への申し立て 不要 不要 必要
信用情報機関への登録 登録されない 登録される 登録される

任意売却で住宅ローンを整理する

借金返済の負担が重い原因は、住宅ローンの返済が厳しいからかもしれません。収入に対して高すぎる住宅ローンを借りてしまった、転職や会社の業績悪化で収入が減ってしまったなど、さまざまな原因から住宅ローンの返済が家計を圧迫することがあります。

近い将来、住宅ローンの滞納が避けられない場合には、任意売却で住宅ローンを整理する方法があります。

コンシェルジュ

完全無料でご利用できます

任意売却のしくみ

自宅の売却代金で住宅ローンが払いきれないことを、オーバーローンといいます。本来、オーバーローンであれば抵当権を抹消できないため、自宅を売却できません。

しかし、任意売却はオーバーローンでも金融機関の了承が得られたら、一定の条件のもとで抵当権を解除できます。このように、任意売却をすればオーバーローンでも自宅を売却して、住宅ローンを整理できるのです。

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリットは、オーバーローンでも自宅を売却できる点です。任意売却をしても住宅ローンの残債の返済は残りますが、分割返済に応じてもらえることが多いため、無理のない範囲で返済していけます。

デメリットは任意売却だと金融機関の承諾が必要で、金融機関と交渉する必要がある点です。

任意売却を利用するには

任意売却での金融機関との交渉は、依頼した不動産会社が代わりに行います。しかし、任意売却のノウハウを持つ不動産会社でなければ、うまく交渉を進められないことがあります。任意売却を依頼するときは、任意売却の経験が豊富な不動産会社を選びましょう。

また、任意売却後も住宅ローンの残債を返済するため、できるだけ自宅を高く売却することが大切です。そのためには、複数の不動産会社に査定を依頼して比較してください。

任意売却に対応できる複数の不動産会社を探すのは、簡単なことではありません。しかし、一括査定サイトの「リビンマッチ」から査定を依頼すれば、任意売却のノウハウを持つ複数の不動産会社を紹介してもらえます。

あとは不動産会社の査定価格や担当者の対応を比較し、信頼できる会社に任意売却を依頼しましょう。任意売却をうまく進めるために、まずはリビンマッチを利用してください。

コンシェルジュ

【無料】任意売却はスピードが重要!間に合わなくなる前にご相談を!

カテゴリー
任意売却
タグ
手順

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます