リビン・テクノロジーズが20周年 リビン・テクノロジーズが20周年
東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)が運営するサービスです  証券コード:4445

徳島県吉野川市で暮らす良さとは?移住のための教育・仕事・住まいの支援情報

更新日:
徳島県吉野川市で暮らす良さとは?移住のための教育・仕事・住まいの支援情報

徳島県吉野川市は、豊かな自然と温かい人情味あふれる町として知られています。吉野川のせせらぎと緑豊かな山々に囲まれた環境は、都会の喧騒から離れ、ゆったりとした田舎暮らしを望む人にぴったりの場所です。

吉野川市では、さまざまな支援制度を用意しています。教育面では、小中学校の少人数制クラスや地域との交流活動など、きめ細やかな指導が特徴です。仕事については、市の仕事紹介サービスや起業支援制度など、様々な選択肢があります。
住まいに関しては、「吉野川市移住促進空き家リノベーション支援事業」や「吉野川市老朽危険空き家除却支援事業」「しあわせ住まいづくり支援事業」「吉野川市わくわく移住支援事業」など、移住者の負担を軽減する取り組みが行われています。

吉野川市は、子育てがしやすく、仕事と生活の調和、自然との共生が可能な町です。都会の喧騒から離れ、ゆったりとした田舎暮らしを望む人にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

吉野川市での暮らし「4つの特徴」

吉野川市は豊かな自然に囲まれ、のびのびと子育てができる環境が整っています。市の手厚い子育て支援制度も魅力です。また、市の起業支援制度を活用すれば、自分らしい働き方を実現できるでしょう。
都市部へのアクセスも良好で、自然と利便性を兼ね備えたバランスの取れた暮らしやすさが魅力です。

特徴1:自然豊かで、長い歴史が息づいている

吉野川市は、四国三郎と呼ばれる吉野川の清流に恵まれ、豊かな自然に囲まれています。市内には、阿讃山脈や剣山系の山々が連なり、緑豊かな森林が広がっています。

また、吉野川の河川敷には、美しい砂州が形成され、川遊びやバーベキューを楽しむことができます。
また、吉野川市には長い歴史も息づいています。藍染めの原料となる阿波藍の主要産地のひとつで、伝統的な藍染め技術が現在も受け継がれています。

特徴2:子育てしやすい環境と地域ならではの教育

吉野川市では、手厚い子育て支援制度が整備されており、経済的な負担を軽減する各種取り組みが行われています。認定こども園や幼稚園、保育所が充実しており、働く親も安心して子育てできる環境です。
小中学校では、地域の自然や文化を活かした体験学習が盛んで、子どもたちは地域への理解を深めながら学べます。

地域コミュニティの温かさも吉野川市の魅力。地域行事への参加を通して、子育て世代同士の交流や、地域の人々とのつながりが生まれ、みんなで子どもを見守り、育てていく雰囲気があります。

特徴3:起業支援や地域交流活性化に力を入れている

吉野川市では、起業家や移住者の夢の実現をサポートする支援制度を用意しています。
たとえば、空き店舗を活用してお店を開くための「吉野川市お店開き応援事業」や吉野川市への転入予定の方などを対象とした「吉野川市移住創業支援事業」があります。
また、市では地域交流の活性化にも注力。認知症患者やその家族、地域の人などが交流するオレンジカフェ(認知症カフェ)などがあります。

毎年夏には「吉野川市納涼花火大会」を開催し、市内外から多くの人が集まる一大イベントとなっています。こうした取り組みにより、移住者も地域に溶け込みやすい環境が整っています。

特徴4:アクセスのよさと利便性

吉野川市は、都市部への移動も容易です。JR徳島線の鴨島駅や山川駅から徳島市や阿波市へ電車で簡単にアクセス可能。

国道192号線や県道も整備されており、車での移動も便利です。
徳島阿波おどり空港までは車で約1時間。市内や近隣都市部の商業施設も充実しており、日常の買い物などの利便性も高いのが特徴です。

都市部の利便性を享受しつつ、自然豊かな環境で暮らせる吉野川市は、移住先としても注目されています。

吉野川市の魅力と移住者に人気のエリア

市の中心部にある鴨島町は、商業施設やスーパーが充実し、利便性の高さから移住者に人気のエリア。駅からのアクセスも良く、働く世代にとって暮らしやすい場所といえます。
山川町エリアは自然が豊かで、農業を始めたい人やゆったりとした田舎暮らしを望む方から選ばれています。

吉野川市の人気スポット!おすすめや穴場をご紹介

吉野川市には魅力的なスポットがたくさんあり、自然豊かで四季折々の景色を楽しめます。
以下におすすめの5つの観光スポットを紹介します。

1. 高越山

高越山
高越山は「阿波富士」とも呼ばれる美しい山で、標高1,133メートルの山頂からは四国の山々や吉野川の絶景を楽しむことができます。山頂には高越寺があり、修験道の霊場としても知られています。

2. 藤井寺

藤井寺
藤井寺は四国八十八箇所霊場の第11番札所で、歴史的な寺院です。境内には美しい庭園や古木があり、静かな雰囲気の中で参拝することができます。

3. 吉野川市美郷ほたる館

美郷地区は「美郷のホタル及びその発生地」として国の天然記念物に指定されており、シーズンの5~6月は夜になると川田川流域で幻想的なほたるの光を楽しむことができます。美郷ほたる館では、ほたるの飼育、研究、資料展示などを行っており、生態について学べるほか、人工河川でほたるの観察もできます。

4. 川島潜水橋

川島潜水橋
川島潜水橋は、吉野川に架かる橋で、増水時には水中に沈む構造が特徴です。映画やテレビの撮影にもよく使われる美しい景観が魅力です。

5. 壇の大クス

壇の大クスは、樹齢約950年の巨大なクスノキで、徳島県の天然記念物に指定されています。高さ35メートル、幹周り10.7メートルの圧倒的な存在感を誇ります。

吉野川市の移住支援制度について

吉野川市では、移住者の方々が安心して暮らせるよう、子育て、就業、住宅の面で手厚い支援制度を用意しています。吉野川市の移住支援制度について、それぞれ紹介いたします。

なお、移住に際しては、まず移住相談窓口に相談するのがおすすめです。
各種支援制度の説明を受けられるほか、物件探しや仕事探しのサポートも受けられるためです。ぜひ、移住支援制度を活用して、吉野川市での新しい生活をスタートさせてください。

【子育て支援】

吉野川市は各種支援制度により、子育て世帯が住みやすい環境作りを目指しています。

1.充実した子育て支援施設

吉野川市では、2024年時点で5カ所の子育て支援施設、3カ所の児童館、3カ所の地域子育て支援拠点施設があり、子育て中の親子が交流できる場が充実しています。

各施設では、年間を通じて地域の豊かな自然を活かした体験学習や地元企業と連携したキャリア教育といった行事が実施されており、親子で楽しむことが可能です。また、専門スタッフによる育児相談にも対応しているため、子育ての悩みや不安を気軽に相談できます。

参考:吉野川市「吉野川市 子育て支援施設 行事予定について

2. 出産祝金

吉野川市では、出産祝いを実施しています。吉野川市に住民登録された出生児の父または母が、出生日に市内に住民登録があり、6ヶ月以上居住する意思を有する場合、出生児1人につき1万円を支給します。

参考:吉野川市「出産祝金について

3. 子どもはぐくみ医療費助成制度

吉野川市の子どもはぐくみ医療費助成制度は、市内に住所があり医療保険に加入している子どもの医療費を助成する制度です。助成の対象となるのは、保険診療にかかる自己負担分で、対象期間は18歳に達する年度の3月末までとなります。

子どもにかかる医療費が助成されることで、経済的な負担が軽減されます。また、子どもが必要な医療を受けやすくなれば、健康の管理や維持がしやすくなるでしょう。

参考:吉野川市「子どもはぐくみ医療費助成制度

4.育児用品購入費助成事業

市内の販売店で購入した授乳用品・おむつ用品等の育児用品代金の一部を助成します。1歳の誕生日の前日までに2.5万円を上限として助成が受けられます。

参考:吉野川市「育児用品購入費助成事業

【就業支援】

起業支援などの制度が充実。起業の際は最大100万円の補助金が受けられ、専門家によるアドバイスも受けられます。

1. 吉野川市わくわく移住支援事業

東京23区からの移住者が市内で就職または起業する場合、引っ越し費用として単身で60万円、世帯で100万円を支給します。子育て世帯は18歳未満の子1人につき100万円が加算されます。

参考:吉野川市「吉野川市わくわく移住支援事業について

2. お店開き応援事業

1カ月以上使用されていない店舗、事務所、倉庫などの空き店舗を活用して、小売業や飲食店業、サービス業などまちづくりに寄与する業種や事業に利用する場合、支援を受けられrます。

参考:吉野川市「吉野川市お店開き応援事業について

【住宅支援】

空き家バンク制度や住宅取得支援制度などを利用できます。空き家バンクに登録された物件は、改修費用の一部を補助。住まい探しから取得まで、手厚くサポートしてくれます。

1.しあわせ住まいづくり支援事業

吉野川市では、若者世帯の定住促進のため、住宅取得支援制度「吉野川市しあわせ住まいづくり支援事業」を実施。
40歳未満の方が市内に住宅を取得する場合、新築で20万円、購入で15万円の補助金を交付します。条件によっては最大25万円まで増額されます。

参考:吉野川市「しあわせ住まいづくり支援事業

2.吉野川市移住促進空き家リノベーション支援事業について

空き家バンクに登録された物件を購入または賃借し、リノベーションする場合に最大320万円を補助します。

参考:吉野川市「吉野川市移住促進空き家リノベーション支援事業について

3. みんなでリスタート!徳島移住促進支援金(子育て世帯向け)について

未就学児がいる子育て世帯が徳島県に移住する場合、10万円の支援金と2年間定住後に10万円の定住応援金を支給します。

参考:吉野川市「みんなでリスタート!徳島移住促進支援金(子育て世帯向け)について

4. 空き家バンク

吉野川市では、売却や賃貸を希望している空き家の情報を提供しています。

これらの支援制度により、吉野川市は教育、仕事、住まいの面から移住者をサポートしています。移住を検討される方は、各制度の詳細な要件や申請方法を確認することをおすすめします。

参考:吉野川市「空き家バンク

この記事の編集者

リビンマッチ編集部 リビンマッチ編集部

リビンマッチコラムでは、むずかしい不動産の事をできる限りわかりやすく、噛み砕いて解説しています。不動産に対するハードルの高いイメージ、とっつきにくい苦手意識を少しでも取り除いて、よりよい不動産取引のお手伝いをさせていただきます。
誤字脱字や事実誤認などございましたら、ぜひともご指摘ください。

コンテンツの引用ルール

運営会社:リビン・テクノロジーズ株式会社(東京証券取引所グロース市場)

カテゴリー
不動産売却コラム
タグ
移住

リビンマッチコラムを引用される際のルール

当サイトのコンテンツはどなたでも引用できます。 引用にあたって事前連絡などは不要です。 コンテンツを引用される際は、引用元が「リビンマッチ」であることを必ず明記してください。

引用ルールについて

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
ページトップへ
コンシェルジュ

完全無料でご利用できます