東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

不動産売却時のつなぎ融資!利用する条件やメリットデメリットを紹介

公開日: 2022年2月15日 |最終更新日: 2022年9月29日
不動産売却時のつなぎ融資!利用する条件やメリットデメリットを紹介

今の家を住み替える際、住んでいた家の売却金を新居の購入資金にしようと考えている方が多いでしょう。

しかし、売却を済ませる前に新居の購入代金が必要となり、資金が準備できないケースがあります。そういった時に便利なのが、つなぎ融資です。

本記事では、つなぎ融資の利用方法やメリット、デメリットを紹介します。また、つなぎ融資を使わないで不動産売却を成功させるポイントも併せて確認してみましょう。

つなぎ融資とは

つなぎ融資は具体的にどういったケースで利用されるものなのでしょうか。

今の家が売れる前に、次の家を買うためのお金が必要な場合に利用する融資

住み替えを考えた時、売買のタイミングや資金繰りをどうするかについては、大きく分けて以下2つの方法があります。

売り先行
まず今のマイホームを売却し、その売却代金を新しい住まいの購入資金とする
買い先行
先に新居を購入し、そのあとで現在の住まいを売却する

買い先行には以下のメリットがあります。

  • 買いたい住まいをじっくり探せる
  • 退去後に内見をしてもらうため、物件の印象がよく売りやすい

しかし、売却代金を受け取る前に購入代金が必要になるという大きな問題があります。

また、売り先行を選択した場合でも、なんらかの事情で、今の住まいが売れる前に新居購入のためのお金が必要になるケースもあります。

そんな時、活用されるのが「つなぎ融資」です。

家を売る予定の人が、売却代金に相当するまとまった資金を、家を売る前に融資で調達する方法と理解すればよいでしょう。

マイホームを新築する場合にも利用される

つなぎ融資は、新居を新築で建てる場合にもよく利用されます。

新築の場合、建築費用など大きなお金が必要になることから、住宅ローンを利用することが多いです。しかし通常、家がまだ建っていない状態では、住宅ローンを組むことができません

にもかかわらず、建築費用や土地購入代金などが先に必要になることから、つなぎ融資が利用されます。

利用する条件

つなぎ融資を利用できるのは、不動産が売却予定である場合だけです。不動産を売却したお金で元本をまとめて返済し、清算することが前提の融資だからです。

つなぎ融資は基本的に無担保で利用できますが、売却予定の物件を担保にして融資を受けると捉えてもよいでしょう。

あくまでも、家が売れるまでのつなぎのために利用するものですので、融資期間は最長でも1年と短期の商品です。

金利は高めですが、売却によって元本が返済できるため、融資期間中は利息のみを返済すればよいことになっています。商品によっては、元金と利息をまとめて一括返済する形で利用できるものもあります。

万一、期間内に物件の売却ができなかった場合は、競売によって売却されることが一般的です。

利用方法

つなぎ融資を利用する手順などは一般的な融資商品と大きな違いはありません。

金融機関で取り扱っており、申し込みに応じて審査が行われ、問題がなければ利用できます

審査にあたっては、一般的なローン申し込みと同様に、源泉徴収票など収入を証明する書類が必要です。併せて、登記事項証明書などの物件についての書類も求められます。

新居の購入に住宅ローンを利用する予定の場合、同じ金融機関でつなぎ融資も受けるのが一般的です。

新築の着工金のために利用する場合は、工務店から金融機関を紹介されることも多いでしょう。

ただし、つなぎ融資はすべての金融機関が扱っているものではありません。ネット銀行など、つなぎ融資を扱っていない金融機関もあるので、事前に問い合わせておくのが確実です。

コンシェルジュ

完全無料】不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって価格に差があります!

つなぎ融資のメリットとデメリット

メリットとデメリット

つなぎ融資のメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

つなぎ融資を利用することには、大きく3つのメリットがあります。

欲しい物件の買い逃しを防げる

つなぎ融資を利用すれば、今の住まいが売れるのを待たずに資金が手に入ります。そのため、気に入った物件があったらすぐに購入できるメリットがあります。

人気の物件で、「買いたいけれどもまだ今の家が売れないので、お金がなくて買えない」「先に売れてしまったらどうしよう」などとやきもきする必要はありません。

また、買い先行の強みである、「焦らず、じっくりと理想の物件探しができる」というメリットを十分に享受できます。

引っ越し費用や仮住まいの費用を抑えられる

売り先行の場合、引き渡しや新居の購入のタイミングによっては、途中で仮住まいを挟む必要があります。

そうすると、旧居から仮住まい、仮住まいから新居へと、2回の引っ越しが必要なうえ、仮住まいそのものの費用もかかります。

つなぎ融資を利用しての買い先行であれば、先に新居が準備できるので、余分な引っ越し費用や仮住まいの費用はかかりません

余裕をもった売却ができる

つなぎ融資によって新居を購入してから、旧居の売却を行うため、焦らずに売ることができます。

売却を焦ってしまうと、安く買い叩かれてしまうおそれがあります。それにより資金計画に問題が生じる事態を避けることができます。

また、新居に入居しておけば、旧居を空けた状態で内覧対応ができます。内覧は退去後のほうが他人の物などがなく、実際に自分が住んだ場合を想定しやすいため、好印象です。

デメリット

つなぎ融資にはよいことしかないようですが、以下のようなデメリットがあることに注意しましょう。

融資期間内に売却できないと損をする

つなぎ融資は、旧居を売却して返済するという条件で受けている融資です。もしも約束した期間内に売却ができなかった場合、遅延損害金が発生します。

加えて、売却できなかった物件は、金融機関が競売で売却することになります。競売での売却は一般的な売却に比べると安く売れてしまうため、売主は損をしてしまいます。

想定通りに売れないと資金計画に支障がある

自分で期間内に旧居を売却できたとしても、想定より安い価額で売却した場合は、資金計画に問題が生じるでしょう。

つなぎ融資によってすでに受け取ったお金で新居を購入しているため、売却代金がそれより少なかった時は、つなぎ融資の返済が不足するリスクがあります。

金利や事務手数料の負担が大きい

つなぎ融資は一般的な住宅ローンなどと比べると金利が高めです。約3%が目安ですが、場合によっては5%になる場合もあり、負担は大きいです。

加えて、下記のような諸費用が必要になることも、理解しておきましょう。

  • 印紙代
  • 事務手数料
  • 住宅融資保険料
  • 団体信用生命保険料

取り扱っていない金融機関もあり、選択肢が限られる

つなぎ融資はすべての金融機関で取り扱っているものではありません。

住宅ローンを利用予定の場合、同じ金融機関で利用するのがスムーズですが、その金融機関で取り扱いがなければ、別の金融機関やノンバンクで探して利用しなければなりません。

そのため、手続きに手間がかかることも想定しておきましょう。

どんな人に向いている?

つなぎ融資はどんな人が利用に向いているといえるでしょうか。

それは、

融資期間内に売れる物件を持っている人

だといえます。

つなぎ融資では、万一、期間内に物件が売れなかった時のデメリットが大きいです。そのため、つなぎ融資を利用するかどうかは、利用して得られるメリットと、売れなかった時のリスクを比べて判断します。

もし、物件が十分に売れやすいと判断できるなら、デメリットを回避して、そのうえでメリットを享受できるので、つなぎ融資を使ったほうがよいと考えられます。

コンシェルジュ

完全無料】不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって価格に差があります!

つなぎ融資なしで不動産売却する

つなぎ融資は、積極的に利用したいというより、やむをえず使うというニュアンスの仕組みです。

資金的に問題がなければ利用しないほうがよい

つなぎ融資が必要とされるのは、十分な資金調達ができず、買い先行を選べない場合です。

もし、不動産を売りたいと思った時に、すみやかに売ることができるなら、つなぎ融資は必要ないといえます。

つまり、「売りたい時に売れない」ことで、つなぎ融資が必要になります。

つなぎ融資を使わずに住み替えなどを行うには、できるだけスムーズ、スピーディーに不動産を売るべきでしょう。

また、つなぎ融資を利用した場合も、期間内に売却することが重要なため、できるだけ早めに売る必要があります。

不動産を早期に売却するには?

不動産を早めに売却するには、優れた不動産会社を見つけることがポイントです。

一般の人が家を売るには、仲介してくれる不動産会社の存在が不可欠です。

不動産会社にはそれぞれ得意分野や売主との相性があります。数ある会社のなかから、自分にとって優良な不動産会社を選ぶのは、一般の人にはハードルが高いでしょう。

これは、できるだけ多くの不動産会社にあたってみることで解決できます。

そうすると、不動産会社探しでひとつひとつアクセスする手間と時間を省くには、一括査定サイトの「リビンマッチ」を利用しましょう

リビンマッチでは、一度の問い合わせで複数の不動産会社に査定を依頼できるため、届いた査定結果からよさそうところを絞り込み、比較検討ができます。

完全無料のサービスですので、早期の不動産売却を目指す場合は、必ず利用しましょう。

コンシェルジュ

簡単】早く高く不動産を売るならまず比較!驚くほど査定価格に差が出ることがあります。

つなぎ融資に関するよくある質問

つなぎ融資って何?
住み替えにおいて、今の家が売れる前に、次の家を買うためのお金が必要な場合に利用する融資です。マイホームを新築する場合にも、建築費用や土地購入代金などが先に必要になることから利用されます。
つなぎ融資を利用する条件は?
不動産を売却したお金で元本をまとめて返済し、清算することが前提の融資のため、不動産が売却予定である場合のみ利用できます。なお、融資期間は最長でも1年と短期の商品です。
カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます