東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

家を売るときに知っておきたい三つの注意点

公開日:2015年8月31日
twitterfacebookLINE

家を売る際に、注意しなければならないことが三つあります。一般的に「家を売ることは、家を購入するよりも10倍難しい」と言われています。ここで紹介する三つの注意点に意識して、円滑に家を売りましょう。

家を売るときに絶対に知っておきたい三つの注意点

家を売る売却理由を明らかにする

今回なぜ家を売ることになったのか、理由を明確にすることがスムーズに家を売る第一歩です。
例としては

  • 住み替えで買い替えるため
  • 相続のため
  • 資金的な理由

など、三者三様の家を売る理由があります。 まずは何故その家を売ることになったのかを明らかにすることで、不動産会社に何を相談するべきか、不動産会社にどういった提案をしてもらいたいのかをよく考えましょう。また、いつ頃売却したいのか、希望の売却価格がいくらなのかも具体的にしておきましょう。
また、事前に予備知識を付けておくことで、不動産会社との交渉も無駄のないものにすることも心掛けましょう。下記に事前に押さえておきたい情報をまとめました。
010946
不動産売却の流れを解説。必要な書類や手続き、媒介契約について。
⇒まずは不動産の売却の流れを把握しましょう。
不動産売却に必要な書類とは?あれば役立つ書類も併せてご紹介!
⇒売却の際に用意するものを紹介しています。
不動産売却の税金は節税できる?節税の3つのポイントも併せてご紹介!
⇒家を売却した際にはどういった税金がかかるのでしょうか。
「仲介手数料」についての解説
⇒不動産売却時にかかる仲介手数料について解説しています。
 

複数の不動産会社に相談する

不動産の売却の意思が固まると、次は不動産会社に売却の相談しましょう。 しかし、日々仕事などで忙しく、登記などを用意して複数の不動産会社を回って相談するのは非常に手間のかかることです。

また、どんな不動産会社に相談したらいいのかわからない方も多いのではないのでしょうか。
そういった場合は、「リビンマッチ」といった不動産の一括問い合わせができるサービスをご活用ください。

リビンマッチは

  • 不動産売却を担当する会社の質が高い
  • 不動産売却を担当する会社の数が多い
  • 個人情報が保護されている

といった特徴があります。
リビンマッチを利用すると、複数の不動産会社から家を売るための提案を受けることができます。 一般的に査定サービスを利用すると、その査定価格だけに注目しがちですがそれだけでは家を売ることはできません

なぜなら、家を売る際に出てくる価格は「査定価格」「売出し価格」「成約価格」といった種類があり、いくら査定価格が高かったとしても成約価格(結果的に買主が見つかり、売主買主双方が納得して売買する価格)とは異なってしまうケースが非常に高いからです。
参考:不動産の価格と種類

不動産の価格比較も重要ですが、もう一方で依頼した不動産会社がどういった会社なのかも注意して比較するようにしましょう。

本当に売主であるあなたのことを考えて提案してくれているのか、利益のためだけに提案しているのか。こちらの意向を汲んだ売却活動をしてくれているか、売却報告をきちんとしてくれているかなど、不動産会社それぞれ違った提案があるので、自分に合った不動産会社を選んでスムーズに不動産を売却しましよう。
 

売主自身も売却活動に協力する

家を売ってくれる不動産会社が決まったあとも、注意する点があります。それは、売却活動を不動産会社に任せきりにしない、という点です。
家をできるだけ高く、またスムーズに売却するためには売主も売却活動に協力的に参加する必要があります。
342423例えば家の内覧に来られる方の為に、細やかな部分まで掃除をするといったことです。特にキッチンやお風呂、トイレといった「水回り」は内覧者がチェックするポイントです。不動産会社が見つけてきたせっかくの購入希望者が、こういったわずかな部分で無碍(むげ)になってしまうのは非常にもったいないことです。

また、不動産会社がきちんと売却活動をしているかどうかも、売主が確認する必要があります

不動産会社のHP
不動産の物件掲載サイトにあなたの家の情報が掲載されているか、また情報が正確か、掲載されている写真の映りなども細かく確認し、要望や修正点があれば不動産会社に依頼しましょう。

カテゴリー
不動産売却 ,

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
無料査定スタート