東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

家を売るための8つの注意点。損をしないために必要な準備とは?

公開日: 2015年8月31日 |最終更新日: 2022年7月4日
家を売るための8つの注意点。損をしないために必要な準備とは?

一般的に「家を売ることは、家を購入するよりも10倍難しい」といわれています。
家を円滑に売るためには、売却前から売却後まで注意をしなければいけないことが数多くあります。

今回はその中でも特に、8つの注意点を各工程に分けて紹介しますので、家の売却を検討している方のご参考になれば幸いです。

家の売却活動前の注意点

家の売却において、売却活動や買主探しに焦点があてられがちですが、事前準備を入念に行うことで売却が成功するかどうかが決まります

家を売る理由を明らかにする

今回なぜ家を売ることになったのか、理由を明確にすることがスムーズに家を売る第一歩です。
たとえば以下のように、三者三様の家を売る理由があります。

  • 住み替えるため
  • 相続のため
  • 資金的な理由

まずはなぜその家を売ることになったのかを明らかにすることで、いつ頃売却したいのか、希望の売却価格がいくらなのか、具体的な資金計画や売却計画を立てることができます。

そこから、不動産会社に何を相談するべきか、不動産会社にどういった提案をしてもらいたいのかをよく考えましょう。

情報収集をしっかりとする

事前に予備知識を付けておくことで、不動産会社との交渉も無駄のないものにできます。
さらに、やり取りをしている不動産会社が、利益のためだけに不動産に関する嘘の情報などを言っていないか判断できます。

家を売る方法はひとつではありません。
「不動産仲介」と「不動産買取」など、さまざまな方法が取られます。

一般的には不動産仲介ですが、場合によってはほかの方法が自分に合ってるということも考えられます。
情報を得ることは、自分の選択肢を増やすことにつながります。

また、売却の流れを知っていないと、次に自分がどういった手続きが必要なのか分からず困ってしまいます。
もちろん、契約した不動産会社はサポートしてくれますが、自分自身で知っておくことも大切です。

事前に書類を準備しておくことで売却活動をスムーズに進められます。



売却の際には、仲介手数料や税金がかかります。事前にどれくらいかかるのかを確認して、余裕のある資金計画を立てましょう。


住宅ローンの状況を確認する

家を購入する時は、金融機関から住宅ローンの借り入れをするケースがほとんどです。

不動産を売却するためには、基本的にローンを完済することが必要です。売却代金で住宅ローンの返済が完了できそうかどうかを確認しておきましょう。

住宅ローンの残債は、毎年借入先から送られてくる「年末残高証明書」で確認できます。なくしてしまっている場合でも、「残高証明書」の発行を依頼することができます。

複数の不動産会社に相談する

家を売却する意思が固まれば、まずは不動産会社に売却の相談しましょう。初めから1社だけに絞って相談しても、その会社が良いのか、また自分に合っているのかどうか判断できません。

そのため、複数の不動産会社に相談することで、比較して選びましょう。

しかし、登記簿謄本などを用意して複数の不動産会社を回って相談するのは、非常に手間のかかることです。
また、どの不動産会社に相談したらよいのか分からない方も多いのではないのでしょうか。

そういった場合は、「リビンマッチ」といった不動産の一括問い合わせができるサービスをご活用ください。
リビンマッチは

  • 不動産売却を担当する会社の質が高い
  • 不動産売却を担当する会社の数が多い
  • 個人情報が保護されている

といった特徴があります。

リビンマッチを利用すると、複数の不動産会社から家を売るための提案を受けることができます。 一般的に査定サービスを利用すると、その査定価格だけに注目しがちですがそれだけでは家を売ることはできません。

なぜなら、家を売る際に出てくる価格は「査定価格」「売出し価格」「成約価格」といった種類があります。いくら査定価格が高かったとしても実際に買主売主の双方が納得して売買する「成約価格」とは異なってしまうケースが非常に高いからです。

不動産の価格比較も重要ですが、以下のようなポイントに注目して、依頼した不動産会社がどういった会社なのかを比較しましょう。

  • 利益のためだけではなく、本当に売主であるあなたのことを考えて提案してくれているか
  • こちらの意向を汲んだ売却活動をしてくれているか
  • 売却報告をきちんとしてくれているか

不動産会社ごとにそれぞれ違った提案があるので、自分に合った不動産会社を選んでスムーズに不動産を売却しましょう。

不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって差がでます!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

売却中の注意点

内覧をする不動産会社の女性

家を売ってくれる不動産会社が決まったあとも、注意する点があります。

売主自身も売却活動に協力する

家をできるだけ高く、またスムーズに売却するためには、売却活動を不動産会社に任せきりにせず、売主も積極的に協力しましょう。

内覧

家の内覧に来られる方のために、細やかな部分まで掃除をしましょう。

特にキッチンやお風呂、トイレといった「水回り」は内覧者がチェックするポイントです。不動産会社が見つけてきたせっかくの購入希望者が、こういったわずかな部分で購入意欲がなくなってしまうのは非常にもったいないことです。

内覧当日は、スリッパや飲み物を準備するなど細やかな心遣いをしましょう。

物件のアピール

不動産会社が家の売却活動などを行ってくれますが、自身の家は自分が一番よく知っています。住まなければ分からないような情報を公開することで、購入希望者は実際に住んでみた場合のことを想定しやすくなります。

その際、家の良い部分だけでなく悪い部分も同様に隠さず伝えましょう。家の購入を申し込みがあった後に悪い点が見つかると、買主との信頼関係が築きづらいです。早い段階で伝えることで、信用できる売主であることをアピールできます。

売却活動状況の確認

不動産会社がきちんと売却活動をしているかどうかも、売主が確認する必要があります。

不動産会社のホームページや不動産の物件掲載サイトにあなたの家の情報が正確に掲載されているか、掲載されている写真の映りなども細かく確認し、要望や修正点があれば不動産会社に依頼しましょう。

売買契約書の内容を隅々まで確認する

売主が決まれば、売買契約を結びますが、その際、売買契約書の内容を隅々まで確認してから署名や捺印を行いましょう。

売買契約書は一度契約を結ぶと、解除することが難しいです。契約を結んだ後に「聞いていた話と違う」となっても契約書に書いていなければ意味がありません。

その際、以下のようなポイントをしっかりとみておきましょう。

  • 代金の支払日と支払方法
  • 固定資産税と都市計画税の精算方法
  • 所有権移転の時期
  • 手付金の解除について
  • 契約不適合責任※1の内容や期限

※1 引き渡した不動産が契約内容と異なる場合、売主が負う責任。買主は売主に対して売買代金の減額や賠償金、解除を請求できる。

売主と買主の双方が納得する内容になるように、調整しましょう。

売却後の注意点

売買契約書を結んだら、家の引渡しなどを行いますが、最後まで気を抜かずに細かな部分まで注意をしましょう。

引っ越し前の作業をしっかりとする

売主に家を引き渡すためには、引っ越し前に手続きなどの作業が発生します。

まず、契約で定めている設備の補修や撤去が必要なものは、事前に済ませておきましょう。

不動産の売買では、契約前に売主側で設備の有無や故障について明記する「設備表」を作成します。それを参考に、引っ越し前に設備の有無をしっかりと確認しておきましょう。

また、家の引渡しは、基本的に住宅ローンを完済した状態で行うため、必要な手続きを済ませておきましょう。

その中のひとつに、抵当権の抹消登記があります。抵当権とは、金融機関が家の購入時などに出した融資を回収できなくなった場合のために、不動産を担保にする権利です。

この権利の設定を削除するのが、抵当権抹消登記です。

手続きの方法は、こちらの記事で確認できます。

自分で行うこともできますが、複雑な手順が多いため、報酬を支払って司法書士に依頼することをおすすめします。

確定申告を忘れずに行う

不動産を売却して売利益が出た場合は、確定申告が必要です。不動産の売却金から、購入費や経費を差し引いた金額がプラスになった場合が対象です。

また、反対にマイナスになった場合は確定申告が義務ではありませんが、申告することで税金が安くなる場合があります。

そのため、どちらの場合でも確定申告することをおすすめします。

手続きの方法などは以下の記事で確認できます。

不動産売却は金額の大きな取引のため、計算や手続きが複雑です。税理士などに委託することで、スムーズに行うことができます。

さまざまなポイントで不動産会社や司法書士、税理士などその道のプロに頼ることが、家を売るための秘訣だといえます。

不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって差がでます!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます