東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

売れない一軒家を売る方法

公開日:2015年8月31日|最終更新日:2021年10月14日
twitterfacebookLINE

一軒家の売却で、なかなか売却が完了しない方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは売れない一軒家の特徴や、勘違いしがちなポイントや、一軒家の売却をスムーズ完了させるにはどうすればいいのかをご紹介します。

売れない一軒家の特徴

立地が悪い一軒家

今回なぜ家を売ることになったのか、理由を明確にすることがスムーズに家を売る第一歩です。

中古不動産の流通が盛んになっていると言われている昨今ですが、それは首都圏や都心部に限られた話だと考えられます。

郊外や地方の一軒家の場合、空き家問題などに始まりその需要というのは時が経つにつれ低下傾向にあると言われています。買い替え・住み替えでも、郊外の一軒家の管理が厳しくなり駅近のマンションに移住すると言った理由が顕著に見られています。

そういった状況で、もし所有されている一軒家の立地が郊外や地方であったりするならば、その物件の売却は非常に難しくなります。

部屋の掃除がされていない、照明が暗い

購入検討者が来られる内覧において、その一軒家がどういった印象を与えるかは非常に重要です。内覧者にとってその一軒家は「商品」であり、この内覧でその物件を購入するかどうかを考えることになります。

その中で、その一軒家の部屋の掃除がされていなかったり、換気が不十分で不快なニオイがしてしまったり、照明器具が機能せず部屋が暗かったりするとどういった印象を与えるでしょうか。

常にきれいな部屋を心掛け、内覧者を迎え入れることができる姿勢を維持するようにしていきましょう。

売却にあたって大規模なリフォームをかけている

一軒家の売却において、築年数が経ってしまい建物の価値がなくなってしまうと、大規模なリフォームをかけられる売主がいらっしゃいます。しかし、ときにはこういった気の計らいは逆効果になる可能性があります。

購入検討者・買主がどういった考え、趣味なのかは売却できるまでわかりません。そういった中で売主が一方的に大規模なリフォームをかけてしまうと、趣味が合わずに売れない可能性もあるのです。

また、リフォームをかけたことによりそのリフォーム費用が売買価格に上乗せされる形になり、余計に売れない可能性もあります。

一軒家の売却時のリフォームは必要最低限な箇所までにとどめ、買主が購入してからリフォームをかける方がスムーズにいくと考えることができます。

解決策はあるのか?

こういった、売れにくい一軒家の売却は一括で複数社に相談することで、効率良く売却を進めることが可能です。

リビンマッチ不動産売却を利用すると、一度で最大6社に一軒家の売却相談をすることが可能です。現在売れずに困っている方は、リビンマッチを使って複数社から一軒家売却に関するアドバイスを聞きましょう!

一軒家の売却はプロの不動産会社に依頼しましょう。

ワンポイントアドバイス

最大6社の査定額を見積もり比較

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは不動産売却を検討中の方が、不動産会社に査定依頼できるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

カテゴリー
不動産売却 ,

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
無料査定スタート