東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

「以前1社だけに依頼して損をした気分になったので、その反省を生かしました」

公開日: 2020年7月28日 |最終更新日: 2021年11月12日
ご利用者概要
お名前 M様 物件所在地 東京都

西多摩郡

日の出町
性別 女性 物件種別 一戸建て
年齢 50代 契約形態 専任媒介
リビンマッチ利用時期 2020年2月 査定

最高価格
1,787万円
媒介契約

締結時期
2020年5月 査定

最低価格
990万円

 

売却しようと思ったきっかけは?

親の介護をきっかけに、家の売却を検討し始めました。

このたび、夫の母と私の母、2人ともを私たちが引き取って介護することになりました。
しかし今の家は二人の母親を介護するのには狭く、何かと不便でしたので、もっと広い家に住み替えることにしました。

リビンマッチを利用した理由は?

複数の不動産会社に査定を依頼するため、リビンマッチを利用しました。

私は、今回の売却活動より以前に、他の物件を売却したことがあります。そのときは、たまたま見つけた不動産会社1社にすべて任せて、売却しました。しかし、その会社の売却方法や売出し価格などには少々疑念があり、何か損をした気分になりました。

ですので、今回は複数の会社による査定額などを比較検討して、なるべくベストなかたちで売却できるようにしたいと思い、査定結果を比較できるリビンマッチを利用しました。

不動産会社を決めた理由は?

担当者がしっかりしていて、査定額とその根拠に納得できた会社と専任媒介契約を締結しました。

高い査定額を出す不動産会社も中にはありましたが、その会社が示す査定額と根拠には、どこか違和感があって、私の印象では、あえて高めの査定額を出して媒介契約を取り、売出し後にどんどん価格を下げるという感じがしました。そのため、高い査定額でも、そちらに任せるのはやめました。

一方で依頼した会社は、「不動産を売却する際は価格交渉が入り、仮に価格を下げられても損をしないように」という根拠のもと、ギリギリまで高い査定額を出してくれました。

さらに、他の不動産会社と違って訪問査定をする日程に融通を利かせてくれて、不動産売却のご提案もこちらの都合に合わせてくれました。

現在の売却状況は?

現在、インターネット上に物件情報を掲載してもらっていますが、独自のちらしも作成している段階とのことなので、本格的な売却活動はまだ先になりそうです。

編集部コメント:複数の物件をお持ちの方は、リビンマッチでまとめて査定依頼することもできます。通常の査定と同じように情報を入力していくと、複数物件に関するご案内がありますので、試してみてはいかがでしょうか。
カテゴリー
不動産売却 ,

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ