東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

今が売り時❗賃借人がいる投資マンションを売却依頼💴

公開日: 2022年2月8日 |最終更新日: 2022年5月13日
今が売り時❗賃借人がいる投資マンションを売却依頼💴

今回の「利用者の声」は2022年の2月初旬にY様にインタビューさせて頂いた内容です。
実際にリビンマッチを利用して、不動産会社さんと媒介契約をされたとのことです。
ご協力頂き、誠にありがとうございます。

ご利用者(Y様)概要
お名前 Y様
性別 男性
年齢 70代
リビンマッチ利用時期 2021年12月
媒介契約締結時期 2021年12月
物件所在地 広島県広島市
物件種別 投資マンション
契約形態 一般媒介
査定最高価格 550万円
査定最低価格 510万円

長年所有していた投資用マンション、売り時かと思い査定依頼

―――― リビンマッチを利用されたいきさつを教えてください。

長年所有していた投資用のマンションがあったんですが、近くの不動産価格の変動もあって、「今が売り時では?」と思い立ってリビンマッチを利用させてもらいました。

投資用マンションには賃借人もいる状態でしたので、オーナーチェンジということになるなと思っていました。
オーナーチェンジの際の手続きや、売却まので流れがわからず困っていました。それでもまずは「いくらで売れるのか?」を調べて、ついでにいろいろと相談もしたいと思って、たまたま携帯電話でこちらの広告を目にして使ってみました。

―――― リビンマッチを利用されて、印象はいかがでしたか?

正直な話をすると、「リビンマッチ」という名前からなぜか「レインズ」を連想してしまい、少し間違って認識してしまっていました。
なぜだか、公的機関と勘違いして利用していたところがありまして、お恥ずかしい・・・。

必要事項を入力して2~3日後に、しっかりした資料が郵送で自宅に届きました。こんなにしっかりしたものがわずか数日で届いたいうことが、大変驚きました。
それで、公的機関ではなく、民間のサービスなんだとようやく気づいた訳です。

県外の不動産会社にもかかわらず、熱心に相談に乗ってくれたのが決め手

―――― 実際に査定してもらった感想はいかがですか?

リビンマッチで不動産会社を3社、紹介してもらいました。

どの会社さんも直近の売買実績をもとに、査定額を出してもらいました。金額の詳細な説明も、いずれの会社さんとも丁寧でした。

―――― 媒介契約をされた理由を教えてください。

紹介された会社さんの中で、一番遠い会社は県外の会社さんでした。さきほどのしっかりした資料を郵送してきてくれた会社さんです。

最初の連絡がまず早かったことを覚えています。
私からはオーナーチェンジの事など、いろんな相談や質問させてもらいましたが、遠くにある会社であるにも関わらず、何度も連絡してもらいました。

媒介契約をすることにした決め手といえば、しっかりした資料となんといっても連絡の速さです。
遠くの会社さんだということで、最初は契約することはないだろうと思いましたが、熱心さを感じてまかせてみようと気が変わりました。

―――― 他にリビンマッチを使ってみて感じたことはありませんか?

しばらくしてからですが、リビンマッチから「不動産会社から連絡ありましたか?」というようなアンケートメールなどが届きましたね。あとは今こうして受けているインタビューもですね。
最初の必要事項入力のときだけで、あとはほったらかしというわけでもなく、ちゃんとその後の経過も気にしてもらえてるのだと感じました。

後は、個人的に不安に感じていたのが、オーナーチェンジということで訪問査定が出来ない、というのがいろいろと不都合があるなということです。
マンションを売ろうかなと思うたびに心配していて、今まで売却に踏み切れないでいました。
ですが今回契約した会社さんなんですが、以前にも同じマンションの売却を取り扱った実績があって、こちらから説明しなくても設備やら管理やら間取りやらなんでも知っていて「大丈夫ですよ」と言ってもらえたのがとても印象に残っています。不安な気持ちが一気に晴れて、こんなことならもっと早くから行動しておけばよかったなと思ったほどです。

―――― 今の状況を教えてください。

まだ売却活動を始めたところですが、安心して状況を見ているところです。
できるだけいい値段で売却できるようにがんばってもらっています。

編集部コメント:

賃借人が居住している投資用マンションはすぐに収益が上がるというプラス面と、内見ができないというマイナス面の両方を持ち合わせた物件です。
このような物件こそ不動産会社の腕の見せどころでしょう。契約する不動産会社によって、簡単に妥協してしまったり、逆に堂々と強気で営業したりと、対応が分かれるところです。
今回は、同じ建物内で他物件の取り扱い経験があるという、これ以上ないピッタリな不動産会社が見つかって無事媒介契約に至ったという例です。
営業担当者も信頼できる人物のようで、売り主さんが満足できる取引になるのではないでしょうか。

カテゴリー

タグ

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ