リビン・テクノロジーズが20周年 リビン・テクノロジーズが20周年
東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)が運営するサービスです  証券コード:4445

中古マンションの買取相場はいくら?価格の調べ方

更新日:
中古マンションの買取相場はいくら?価格の調べ方

マンションを買い取ってもらうときは、売りたい値段が妥当かどうかわかるように、事前に相場を調べておくといいです。そうすれば、査定の結果が満足できるものかどうか判断できますし、売った後の予定も立てやすくなります。正確な金額ではなくてもいいので、自分のマンションがどれくらいで売れるか知っておくと安心できます。

この記事では、マンションの買取相場に関して、どんな値段がつくかや相場を知る方法、そして損をしないコツをお伝えします。

マンション買取の相場は?

不動産会社にマンションを直接売る不動産買取は、仲介を使って売るよりも、

  • 早く売れる
  • 手数料がかからない
  • 査定価格がそのまま売却価格
  • 契約不適合責任の免責

など、いくつかの大きな利点があります。

ただし、市場価格よりも安く売られることもあるので、相場をしっかりと確かめることが大切です。次に、マンション買取の相場について説明します。

市場価格の6割~8割

マンション買取をする時は、不動産会社が出した査定額が適正な価格なのかどうか判断できるように、事前に市場価格を知っておくことが重要です。

マンション買取の相場は市場価格の6~8割くらいの金額なので、市場価格にこれらの割合をかけた金額が買取査定の相場と言えます。

買取価格が安くなる理由

不動産会社がマンションを買い取った、その後のことを考えると、マンション買取の価格が安くなるわけが分かります。

不動産会社はマンションを買い取ったら、リフォームや改築をして、マンションの価値を上げて、売りに出すのが普通です。リフォームや改築にはお金がかかりますので、その分だけ仲介で売るよりも価格が下がってしまいます。

それに、不動産会社は買い取ったマンションを持っている間、「売れるかどうかわからない」というリスクを背負います。

さらに不動産会社のお金のやりくりやお金の力も色々と関係してきて、結局は価格が安くなってしまうということです。

マンション買取価格の調べ方

売りたい値段を知るには、自分で調べることができます。たとえば国土交通省の‎不動産取引価格情報検索には、実際にどれくらいの値段で売買されたかなどのデータがあります。分譲マンションは同じように作られることが多いので、同じマンションの違う部屋の売買データや、近くて広さが似ているマンションの売買データが参考になります。

このようにインターネットで自分で調べることもできますが、マンション買取の相場を知るのは難しいです。そこで便利なのが、一括査定サイトです。買取業者にタダで査定をお願いできるので、相場やマンションの買取価格を簡単にチェックすることができます。

マンションの値段は色々なことによって変わります。

  • 階数
  • 築年数
  • 広さ
  • アクセス
  • 周辺環境
  • 角部屋
  • 共有施設
  • 大規模改修のタイミング
  • 分譲/一棟

一括査定サイトを使えばいろんな希望にも、たくさんの会社に相談できるので、試してみるといいですよ。

景気と相場について

不動産は「売り時うりどき」「買い時かいどき」が確かにあります。

たとえばバブル期は「東京の土地でアメリカが買える」と言われるくらい、土地の値段がすごく高かったので、売るのにいいとき、つまり「売り時」だったといえます。このように、景気が良くなると土地の値段も上がります。だから景気の動きを見ていれば、マンションの「売り時」が分かります。

買取で損をしない方法

マンション買取は相場に比べて2~3割くらい値段が安くなります。でもできる限り高く売るための方法を教えます。

複数社に査定依頼する

マンションを少しでも高く買い取ってもらうためには、一括査定サイトリビンマッチがおすすめです。

不動産買取をしてくれる不動産会社も千差万別です。会社により得意な販売方法や扱いやすい物件がありますし、独自の販売網を持っている会社もあります。

また、大手の不動産会社だからといって査定額が高くなるとは限りません。小さな不動産会社であっても地元密着型の会社であれば、大手よりも高い査定が出る場合も十分にあります。

ですから、価格査定は必ず複数の会社に依頼して、最も納得のいく金額・条件で買い取ってもらうことをおすすめします。

有料のクリーニングをしない

築年数が古くても、きれいなマンションなら買取価格が上がる場合があります。

ですが、これは一般の買主相手の場合であり、不動産会社に買い取ってもらう場合は大きな効果はありません。

多くの場合、不動産会社が買い取った物件はリフォーム・リノベーションして付加価値を高めてから再販売されます。お金をかけてクリーニングしたとしても、リフォームするのであれば意味がありません。

クリーニングをするにしても、なるべくお金をかけず、ご自身で行う程度でいいでしょう。

高く買い取ってもらえるわけではありませんので、有料のクリーニングを利用しないことで、余計な費用を抑えましょう。

リフォーム・改築をしない

不動産会社が買い取ったあとでリフォーム・リノベーション・改築を行うことが多いため、売主側で改築等はしません。

最寄り駅までの距離や階数、広さ、日当たりのよさ、間取りの使い勝手、角部屋かどうかなど、買取価格は変更することのできないハード面でほぼ決まってしまいます。

リフォームにかけた費用を買取価格に上乗せして回収することはかなり難しいといえます。

リフォームや改築・リノベーションは買主側にまかせて、余計な出費を抑えることが大切です。

カテゴリー
不動産買取コラム

リビンマッチコラムを引用される際のルール

当サイトのコンテンツはどなたでも引用できます。 引用にあたって事前連絡などは不要です。 コンテンツを引用される際は、引用元が「リビンマッチ」であることを必ず明記してください。

引用ルールについて

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
ページトップへ
コンシェルジュ

完全無料でご利用できます