東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

ワンルームマンションを1円でも高く売却する査定ポイント

公開日: 2021年11月26日 |最終更新日: 2021年11月26日

居住用や投資用ワンルームマンションの売却を検討している方なら、1円でも高く売却したいと考えているはずです。

しかし、どのように売却を進めてよいか分からない方も多いのではないでしょうか。
そのような方はまず不動産会社の査定を受けることで、売却価格の目安を知ることができます。

また一括査定サイトを利用することで、不動産会社の査定結果を比較することも可能です。
この記事では、売却の査定がどのように行われているのか、ワンルームマンション売却時の査定額の評価を上げるポイントや売り時についても説明しますので、理解しておきましょう。

ワンルームの査定額を上げる評価ポイント

ワンルームマンションの売却を考えた時にまずは「いくらで売れそうか」を確認するために、査定を受けることが一般的です。

査定の評価には物件の立地が大きく関わりますが、立地条件は簡単には変えられませんので、今回はどのような状況で査定を受ければよいかについて説明します。
具体的には、以下4つのポイントを紹介します。

  • 手直しできる範囲の修繕はする
  • 可能であれば築年数は10年以内に売却する
  • 管理費や修繕積立金の未納は解消する
  • 同じマンションの他部屋が売りに出ている時は避ける

簡単な修繕は自分で行う

査定額を上げるためには、簡単に手直しできる範囲の修繕は行っておいた方がよいです。

破損や不具合があると、その分業者による修理費用を計算する必要が出てくることで、査定額を下げられる可能性があります。そのため、簡単な修繕は自分で行い、査定時のマイナス評価ができるだけ少なくなるように気をつけましょう。

ワンルームマンションだと、以下の箇所が正常に動くか確認し、手直しできる範囲の不具合があれば修繕を行いましょう。

  • トイレ・バスルーム・洗面台・キッチンなどの水回り設備
  • エアコンや換気扇
  • インターフォンなどの機械類

後々のトラブルを防ぐためにも、不具合がある場所は査定時に不動産会社に報告しておくことがポイントです。
不動産会社と打ち合わせを行いながら進めていくことをおすすめします。

可能であれば築年数は10年以内に売却する

築年数は査定をする上でとても重要なポイントです。
築10年がひとつの分かれ目で、築10年より新しければプラスに影響し、築10年より古ければマイナスに影響することが多いです。

そのため築10年が近い物件で、売却を考えている場合は早期に売却の計画を進めた方が、高く売却できる可能性が高まります。

また1981年は建築基準法が改正された年で、1981年前後では耐震基準が異なりますので注意が必要な点を覚えておきましょう。

管理費や修繕積立金の未納は解消する

査定時には管理費や修繕積立金の滞納や未納がないか、不動産会社は必ず確認します。
もしも管理費や修繕積立金の未納分が残されたまま売却となると、物件の購入者が費用を負担します。

購入者にとっては購入時の負担金が増えるので、不動産会社は売りづらい物件と判断し、査定額も低く抑えられる可能性が高いです。

未納がある場合は査定時までに、きっちりと支払いを終えておきましょう。

同じマンションの他部屋が売りに出ている時は避ける

同じマンションで他の部屋が売りに出ている時は売却時期をずらすなどし、同じ時期の売却はできるだけ避けましょう。

同じ時期に売りに出ていると競合し、お互い値下げした末に安値で売却という事態にもなりかねません。

競合物件がなければ、高値で売却できる可能性も高まります。
チラシなど近隣の売り物件情報は注意深く確認しておきましょう。

不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって差がでます!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

ワンルームの査定は一括査定サイト

ワンルームの査定は一括査定サイトがおすすめです。
一括査定サイトは一度に数社から査定額の提示が受けられますので、とても便利です。

個別に不動産会社の問い合わせページへ行き、何度も同じ情報を繰り返し入力する手間も省け、効率的に不動産会社を検討できます。

複数の会社に依頼する

複数の会社に査定を依頼することで、査定額の比較も容易に可能ですので、査定額そのものが妥当かどうかも確認できます。

「もっと良い条件で売却できたかも」と後悔しないですむように、一括査定サイトで比較しながら複数の会社の中から1社を選びましょう。

少なくとも1社のみに査定を依頼し、そのまま売却依頼という流れには注意しましょう。
査定額が相場に合っているか分からず、不動産会社の言いなり状態になり、安値で売却させられるリスクも想定されます。やはり複数の不動産会社に査定をお願いするということが大切です。

一括査定が高く売れる理由は下記コラムにて紹介していますので参考にしてみてください。
不動産が一括査定サイトで高く売れる理由。比較する3つのポイントを解説

机上査定と訪問査定

売却の査定には現場に行かずとも調べられる「机上査定」と物件を訪問して調べる「訪問査定」の2種類があります。

机上査定

机上査定では物件の築年数や立地、生活環境などの情報から大まかな査定額を算出することが可能です。
日々の生活に欠かせないコンビニ、銀行、スーパーや病院、生活に豊かさを加える公園や緑地の有無、なども査定額に影響します。

訪問査定

訪問査定は実際に訪問し、資料だけでは分からない部分を確認した上でより詳しく査定を行います。
当然、実際に物件まで足を運び、訪問査定を行う不動産会社の方が信頼できると言えるでしょう。

信頼できる不動産会社と相性の良い営業担当者

一括査定サイトでは査定額も重要ですが、信頼できる不動産会社と相性の良い営業担当者との出会いが大切です。

査定額を高く提示する不動産会社が、実際に高く物件を売ってくれる会社とは限りません。
それよりは納得感のある査定結果の説明ができる不動産会社に安心して売却を任せたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

安心して任せられる不動産会社で何でも気軽に相談できるような相性の良い営業担当者と一緒なら、売却もスムーズに行えるでしょう。

ワンルームの売り時はいつか

ワンルームマンションを1円でも高く売るためには、売り時のタイミングを押さえることが重要です。

売却に有利なタイミングで売ることが、高く売れるポイントです。
ではどのようなタイミングがワンルームマンションの売り時なのか、説明します。

金利が安いうちは売り時

金利が安いうちは売り時と言えます。

当然住宅ローンの借り入れをしたうえで、購入する方が多いでしょうから、安い金利で融資が受けられやすい環境は、まさに売り時です。

金利が安ければ、同じ年収でも金利が高い時に比べると借入可能額も多くなります。そのため、より金額の高い物件にも手が届きやすい状況だと考えられ、購入者の意欲が高まるタイミングです。

競合物件が少ない時

需要と供給のバランスが崩れ、競合物件が少ない時は売り時だと考えてよいでしょう。

似たような条件の競合物件があれば、少なからず価格競争に陥り、値下げなしに売却することが難しいです。

売却物件と同じエリアや同じ価格帯などに競合物件がなければ希少性も高まります。
同じような条件の売却物件がある時は売却時期そのものを見直すことも、検討しましょう。

需要の高い時期に売る

需要の高い時期、つまり購入希望者が多い時期に売りに出すことで、高い価格で売却できる可能性が高まります。

ワンルームマンションの主な入居者は単身者ですので、新年度に向けて賃貸需要が高まります。

つまり1~3月に賃貸需要が最も高まり、合わせて投資用や進学、就職用に購入希望の方も動きます。賃貸需要が高まる少し前に売却に向けた動きをすることで、高値で査定してもらうことが可能です。

不動産売却するならまず比較!見積もり依頼先によって差がでます!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

カテゴリー
不動産売却 ,

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
無料査定スタート