東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

不動産仲介はいらない?その理由と注意点を紹介

公開日: 2022年5月30日 |最終更新日: 2022年6月20日
不動産仲介はいらない?その理由と注意点を紹介

不動産の売買で、大きな負担になるのが仲介手数料です。たとえば、3,000万円の物件を購入または売却する場合、約100万円の仲介手数料がかかります。

しかし、個人間で不動産売買を行えば、仲介手数料を支払う必要がありません。そのため、不動産会社の仲介なしで取引しようと思う方もいます。

ここでは、不動産売買の取引において不動産会社に仲介を依頼しない場合の注意点や、不動産仲介の具体的な利用方法などについて詳しく解説します。

不動産仲介は本当に必要?

不動産売買には、必ずしも不動産会社が関わる必要はありません。それでも多くの人が不動産会社に仲介を依頼するのはなぜでしょうか。売買取引における、不動産会社の必要性について解説します。

円滑な取引を行うことができる

不動産売買取引で不動産会社の仲介を利用する目的は、取引を円滑に行うためです。

不動産売買は複雑な上に必要書類などが多く、大変手間がかかります。また、不動産にはさまざまな規制や法令上の制限があります。これらをしっかりと理解して売買取引を行わなければ、大きなトラブルにつながるおそれがあります。

不動産会社は不動産に関する知識が豊富で、不動産売買取引の実績が多いため、仲介を依頼することで円滑な取引が期待できます。

適正価格で取引ができる

不動産会社に仲介を依頼することによって、適正価格での取引が可能です。

個人で売買取引の交渉をしてしまうと、相場とはずれた価格になるおそれがあり、売主または買主のどちらかが損をしてしまう危険性があります。
また、個人間の取引では詐欺や恐喝まがいの売買取引が行われてしまうリスクもあります。

間に不動産会社を入れることによって、売主買主ともに適正な価格で取引を行えます。

不動産仲介なしでも売買取引は可能

不動産会社に仲介を依頼しなくても売買取引は可能です。

個人間での売買取引は法的にまったく問題ありません。また不動産会社を利用しないことで仲介手数料が不要になるというメリットがあります。

不動産会社が仲介を行うときの主な役割のひとつに、売主と買主を探すことが挙げられます。不動産会社に頼らなくても、自分のつてで売主や買主を見つけられる場合は、個人間で売買取引をしようと考える人もいます。

しかし、煩雑な手続きやさまざまなリスクを考慮して、知り合い同士の売買取引でも不動産仲介を利用するケースの方が多いです。

不動産仲介を利用し、信頼できる担当者を見つられれば、想像以上に高く売れることも!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

不動産会社を介さないときの注意点

実際に不動産会社を介さずに売買取引を行う場合、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

住宅ローンの審査が通らないおそれも

不動産の売買取引は金額が大きいことから、住宅ローンを利用して購入するケースが一般的です。

しかし、個人間取引の場合、金融機関の審査が通りづらくなります。
審査が通りづらくなる理由は、個人間では取引が適正でないおそれがあり、トラブルが発生する危険性があるからです。

たとえば、個人間取引だと契約時に十分な取り決めがされておらず、不動産の引き渡し後にトラブルが起きることがあります。トラブルが発生して代金の未払いが起きれば、金融機関は住宅ローンを回収できないおそれがあります。

取引に時間がかかることがある

個人間取引の場合、どうしても不動産知識の不足や経験のなさから、引き渡しまで時間がかかってしまうことがあります。

たとえば、売主が不動産を売却した代金で新居を購入しようとしていた場合、売買取引が遅れることで代金を用意できず、新居を購入できないおそれがあります。

個人間取引では、このように買主や売主の個人的な事情から予定が変わってしまうケースが多いです。予定がずれることによって、さまざま弊害が生まれるリスクがあります。

贈与税がかかることがある

親族など親しい間で売買取引する場合などは、相場より著しく低い金額で取引することもあるでしょう。

その場合は贈与税が課税されるおそれがあります。

不動産会社を介さず、相場とかけ離れた売買取引は贈与とみなされてしまうからです。

売買取引をする場合は、親しい間柄の人に売却する際も、適正な売却金額を設定する必要があります。 売却金額は不動産会社の無料査定を利用しましょう。

不動産仲介をうまく利用する

ここまで紹介してきた個人間での不動産売買のリスクを考慮すると、仲介手数料を払ってでも不動産会社に仲介を依頼して売買取引を行うのが無難です。

ここでは不動産仲介を利用する際の注意点や具体的な利用方法について紹介します。

地域に強く売買実績の豊富な不動産会社に仲介を依頼する

決して安くはない仲介手数料を支払うのですから、不動産会社には少しでも高い金額で不動産を売却してもらいたいものです。

仲介を依頼する不動産会社は、不動産のある地域に強く、売買実績が豊富な不動産会社に依頼しましょう。

売却する不動産の地域に強く、売買実績が豊富な不動産会社を選ぶことで、物件の訴求や買主との交渉がうまくいき、満足のいく売却活動ができる可能性が高くなります。

地域情報や実績に乏しい不動産会社に依頼しても、高く売れないばかりか、売買成立まで時間がかかるおそれがあります。

相性のよい担当者がいる不動産会社に依頼する

どんなに実績のある不動産会社でも、自分と営業担当者との相性が悪ければ、コミュニケーションがうまく取れず、売買取引がうまく進まないことがあります。

また、不動産売却にかかる期間は、数カ月~半年ほどもあります。相性が合わない担当者と長期間連絡を取り続けるのは、お互いにストレスがたまってしまいます。

そのため、不動産会社の良し悪しだけでなく、相性がよく、きちんとコミュニケーションが取れる営業担当者がいる不動産会社に仲介を依頼しましょう。

不動産一括査定サイトを利用して不動産仲介を依頼する

地域に強く、実績の多い不動産会社で、相性のよい営業担当者を見つけるのは簡単なことではありません。多くの不動産会社に連絡し、そのたびに査定を受けるのは時間と労力が非常にかかります。

そこでおすすめの方法が不動産一括査定サイトの利用です。

不動産一括査定サイトとは、Webサイトに情報を入力するだけで、複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスのことです。

一番査定価格が高い不動産会社に依頼してもいいですし、自分に合ったサービスを提供している不動産会社に仲介を依頼してもよいでしょう。

サービスは無料で利用ができますので、ぜひ活用してください。

不動産売却に満足したほとんどの売主が一括査定サイトを利用しています!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます