東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

子供独立後の家はどうする?老後を見据えると住み替えがおすすめ

公開日: 2022年8月24日 |最終更新日: 2022年9月29日
子供独立後の家はどうする?老後を見据えると住み替えがおすすめ

子供の独立後、同じ家に住み続けてもよいですが、いまより自分にあった住まいへの住み替えを検討してみてはいかがでしょうか。住み替えをすると、いままでより快適に過ごせ、より楽しい老後生活を送れる可能性があります。

この記事では、子供が独立したあとの住まいについて解説します。老後の理想の住まいを考えるきっかけとして、ぜひ参考にしてみてください。

子供独立後の家の選択肢とは

子供が独立したあとの家の扱いについては、4つの選択肢があります。

そのまま住み続ける

子供がもともと使っていた部屋が空くと、その部屋が無駄に感じたり、使っていない部屋でも掃除や手入れは必要なため、管理が負担になったりします。そのため、もっとコンパクトな家に住み替えたいと考える人は多くいます。

しかし、いまから新しい場所に住むということは、コミュニティーを一から作らなければいけないので、不安も多いです。少しの不便には目をつむり、そのまま住み続けるのも悪くありません。住み替え費用がかからないうえ、多くの思い出が残っている家に住み続けられるのはメリットといえるでしょう。

そのまま住み続けるメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 住み替え費用がかからない
  • 思い出を残すことができる
  • コミュニティーを一から作らなければいけない

リフォームする

住み慣れた土地から離れたくはないけど、無駄な部屋はどうにかしたいと考えているなら、リフォームを考えるのもよいでしょう。

小規模であれば、リフォーム中でも住み続けられます。引っ越す必要がなく、住み替えや建て替えよりも費用が抑えられるのもメリットです。

しかし、大がかりなリフォームになると、建て替えと変わらない費用がかかるおそれがあります。また、リフォームで特徴的な間取りに変えてしまうと、家を売却するときに、売れ残ったり大幅な値下げが必要だったりするおそれもあるので注意しましょう。

リフォームするメリットとデメリット
メリット デメリット
  • リフォーム中でも住み続られる
  • 住み替えや建て替えよりも費用が抑えられる
  • 大がかりなリフォームになると、建て替えと変わらない費用がかかる

建て替えをする

資金に余裕があるなら、家を建て替えてしまうのも手です。間取りや設備を一から検討できるので、現在の不満を一気に解消できます。また、建て替えであれば、家を資産として子供に残せます。

将来子供が住むことになっても、家の痛みが少なく、そのまま住むことが可能です。また、売却するときも、リフォーム物件より高く売れる可能性が高いです。

だだし、費用面ではリフォームよりも高額になりやすいです。また、現在の建築基準法では、建物が建てられなくなっていたり、建てる家の面積が制限されたりする土地もあります。建て替えをするときは、事前に建て替えが可能かの確認をしましょう。

建て替えをするメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 間取りや設備を一から検討できる
  • 家を資産として子供に残せる
  • リフォームよりも高額になる

住み替える

現在の土地に未練がないなら、住み替えも検討してみましょう。住み替えることで、これからのライフスタイルに合った場所で生活できます。

マイホームを購入したときは、子育て環境を優先して選んだかもしれません。子育てにはよくても、その環境が老後生活において必ずしも最適な環境とはいえません。

子供が独立したタイミングの住み替えでは、自分中心の住環境を選べます。たとえば、駅から近く利便性が高い場所や、家庭菜園ができる自然豊かな場所など、自分の好みに合わせて選べます。

住み替えのデメリットは、引っ越しが必要なことです。長年住んでいた家には、思い出の品も含めたたくさんの物が保管されているでしょう。その中から、不用品を処分し、本当に必要なものだけを持っていくとなると、相当な手間と時間がかかるのを覚悟しておきましょう。

住み替えをするメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 自分中心の住環境を選べる
  • 引っ越しが必要になる
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます

老後を見据えると住み替えがおすすめ

子供が独立したあとも、同じ場所に住み続けるか、住み替えるかは、今後どのような生活したいかによって変わってきます。しかし、多くの人にとって、住み替えたほうが便利になるケースが多いようです。

住み替えをおすすめする理由について詳しく説明します。

子供のことを考えずに住まいを選択できる

若いうちは、子供中心の物件選びになり、家の快適性や介護などにはそれほど気を使う必要がありませんでした。しかしこれからは、家の性能や、要介護状態になっても住みやすい住環境が必要になります。

若いうちは苦労しなかった階段も、次第に不自由を感じるかもしれません。年齢とともに、住みやすい環境は変わっていきます。これからどのような生活をしたいかによって、環境を変えられるのが住み替えのメリットです。

利便性のよいエリアを選択できる

老後は体力が衰えてくることが予想されるので、なるべく利便性のよいところに住みたいと考えている人も多くいます。間取りや設備はリフォームである程度改善できますが、エリアは住み替えないと改善できません。

利便性のよいエリアに住むには、それなりの費用がかかりますが、若いころと比べて資産に余裕が出ている人も多いのではないでしょうか。よって、利便性のよいエリアを選択できる可能性が高くなります。

また、子供が独立したことで、住む家をコンパクトにできます。そのため、固定資産税や電気代などのランニングコストはいまより安くなることが予想できます。

老後の楽しみが増える

広い家を管理するのは意外と大変です。コンパクトは間取りの家に住み替えることで、管理する手間が減る分、好きなことにお金や時間をかけられます。

商業施設が近くにあるエリアに住み替えた場合は、家の近くで気軽にショッピングや娯楽を楽しめます。郊外の庭が広い土地に住み替えた場合は、庭で家庭菜園やバーベキューなど、都会では楽しめない楽しみがいっぱいです。

このように、住み替えによって、老後の楽しみが増えるのもメリットです。

住み替え先はマンションがおすすめ!

住み替え先として、老後のことを考えるならマンションがおすすめです。その理由について紹介します。

利便性の高いエリアに住める

体力が衰えてくると、買い物や病院に行くのが面倒になります。また、運転も簡単ではなくなるため、公共交通機関の利用も増えるでしょう。

駅前など、利便性の高いエリアには、スーパーマーケットやドラッグストア、病院など、生活に必要な施設がそろっているので安心です。

利便性の高いエリアは、人気が高く、売り出されている戸建ての数が少ないため、なかなか買うことができません。マンションも人気ではありますが、戸数が多いため、戸建てに比べると比較的購入しやすいでしょう。

ワンフロアで生活できる

老後は階段の昇り降りが大変になってきます。掃除や洗濯といった家事で、毎日昇り降りするのはさらに大変です。マンションは一般的にワンフロアであるため、家事などの作業が非常に楽です。

また、配偶者が常に目の届く範囲にいるので、万が一の事態があっても、すぐに発見できるメリットがあります。介護が必要になっても、部屋まではエレベーターで移動でき、家の中にほとんど段差がないため生活しやすいでしょう。

管理や修繕を管理会社に任せられる

マンションは、管理や修繕を自分でやらなくて済むのもメリットです。

共有部分の掃除やメンテナンスは、管理会社が行ってくれます。修繕が必要になっても、管理会社が手配してくれるので、面倒な作業はありません。セキュリティ面も管理されているため、不審者が入り込んでトラブルになることも少ないです。

戸建てに住むとすべてを自分でやらなければいけないので、面倒と感じる人も多いでしょう。

効率のよい住み替えにはリビンマッチの利用を

住み替えを検討する際に、最初に考えなければいけないのが、いま住んでいる家をどうするかということです。都会の人気エリアに家があれば、賃貸をすることも可能ですが、所有し続ける手間などを考えると売却を検討するのが一般的です。

売却をするときに最も気になるのが、売却価格です。売却価格が高いほど、これからの生活の充実度が変わるため、なるべく高い価格で売却したいものです。

そこでおすすめなのが、一括査定サイトのリビンマッチです。リビンマッチは、1回家の情報などを入力するだけで、複数の不動産会社が見積もりを出してくれます。複数の査定価格を比較すればその家の相場がわかるため、適正な価格で売却活動ができます。

また、査定価格の提示だけでなく、売却方法や売却時期なども提案してくれます。そのため、不動産売却が初めての方にもおすすめです。複数社とコンタクトをとり、比較検討して、満足のいく家の売却をしましょう。

コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます

子ども独立後の住まいに関するよくある質問

子供独立後の家の選択肢とは?
そのまま住み続ける、リフォームするなど、さまざまな選択肢がありますが、多くの人は住み替えを選択したほうがよいケースが多いです
なぜ住み替えがおすすめなの?
利便性のよいエリアを選択できたり、好きな場所に移ることで老後の楽しみが増えたりと住み替えには多くのメリットがあります。
カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます