東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

老後は持ち家と賃貸のどっちがいい?持ち家の売却で住み替える方法

公開日: 2022年7月25日 |最終更新日: 2022年8月2日
老後は持ち家と賃貸のどっちがいい?持ち家の売却で住み替える方法

愛着はあっても自宅が老後も住みやすい家とは限りません。我慢して生活を続けるよりは、バリアフリーで住みやすい賃貸物件へ引っ越すのもひとつの方法です。老後は持ち家に住み続けるのと、賃貸に住むのとどちらがよいのでしょうか。

老後は持ち家と賃貸のどっちがいいか

「老後は持ち家を売却して、賃貸に住み替えたほうが安心かも…」と思っていても、賃貸物件への引っ越しに、抵抗を感じる方は少なくありません。

まずは持ち家と賃貸のメリット、デメリットを比較してみましょう。快適な老後生活を送るには、持ち家と賃貸のどちらが自分に適しているか検討しましょう。

持ち家のメリット、デメリット

持ち家のメリット

  • 自分の資産になる
  • 住宅ローンを完済すれば月々の経済的負担が軽くなる
  • 自由にリフォームして自分好みの住まいをつくれる

持ち家の大きなメリットは、自分の資産になる点です。慣れ親しんだ土地に老後も住み続けられるほか、子どもたちに将来家を財産として残すこともできます。

自分好みに自由にリフォームできる点も魅力です。賃貸物件は好き勝手にリフォームできませんが、持ち家であれば老後のライフスタイルに合わせて、好みの間取りや設備に変えられます。

持ち家で暮らすことには、いくつか欠点もあります。

持ち家のデメリット

  • 税金や維持費の負担が重い
  • メンテナンス費用がかかる
  • 簡単に処分できない

自宅を所有し続けていると、たとえ住宅ローンを完済したとしても、税金や維持費を支払い続けなくてはなりません。

住まいに不具合が生じれば、自分でメンテナンスしなくてはならない点もデメリットです。長年生活していると、外壁にひびが入ったり、給湯器が壊れてしまったりとさまざまな不具合が生じます。

不具合のたびに業者を手配し、費用を支払うのは相当な負担です。

持ち家の売却は比較が大事!

賃貸のメリット、デメリット

賃貸のメリット

  • いつでも気軽に引っ越しができる
  • 維持費やメンテナンス費がかからない
  • 住宅ローンを組む必要がない

賃貸の魅力は、いつでも気軽に引っ越しができる点です。老後、ライフスタイルに変化が起きても、すぐに対応できます。

維持費やメンテナンス費がかからない点も大きな魅力です。賃貸は、物件を所有する大家さんが維持費やメンテナンス費を負担するため、借りる側は費用を負担せずに済みます。

賃貸で生活するのにも、いくつかデメリットがあります。

賃貸のデメリット

  • 月々の家賃が発生する
  • 入居できない物件もある
  • 高齢者向けの物件が少ない

賃貸は、毎月一定の家賃を支払わなくてはなりません。高齢になると入居できない物件が増えるのも難点です。認知症や室内での転倒といった病気やケガを懸念され、高齢者一人で入居するのを認めてくれない物件があります。

持ち家を売るなら必ず比較が大事です!複数の不動産会社の査定額を比べてください!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

老後の住まい選びの注意点

老後の住まい選びは、間取りや設備のほかに周辺環境や地域のコミュニティーなど、あらゆる点に注意しなくてはなりません。以下の点に注意して、快適な住まいを見つけましょう。

  • 間取りや設備に配慮して選ぶ
  • 立地や周辺環境に気を配って選ぶ
  • 地域交流が活発に行われているエリアを選ぶ

間取りや設備に配慮して選ぶ

間取りや設備に配慮して住まいを選ぶのがおすすめです。段差が多い間取りや階段しか移動手段がない物件は、老後の住まいとして不向きです。

安心して生活できるバリアフリーの間取りや空調管理しやすい高断熱住宅など、日々安心安全に生活できる住まいを選びましょう。

立地や周辺環境に気を配って選ぶ

立地や周辺環境に気を配る必要があります。スーパーや病院が近くにあるのが理想的です。バス停が近かったり最寄り駅から徒歩圏内だったりと、交通の便のよさも大切なポイントです。

地域交流が活発に行われているエリアを選ぶ

快適な老後生活には、地域交流の活発なエリアがおすすめです。地域交流の活発なエリアは、防犯・防災対策にしっかり取り組んでいることが多いです。万が一、災害に遭ったときも、コミュニティーに参加することで、孤立を防げます。

自宅を売却して住み替える方法

満足のいく老後の住み替えを実現するには、事前にスケジュールを立てることが重要です。やみくもに不動産会社を探して自宅の売却を進めたり、賃貸物件を探したりするのはおすすめできません。

自宅を売却してから賃貸物件に住み替えるまでの流れや必要な手続きを解説します。自宅を売却に出す前に、大まかな流れを把握しておきましょう。

自宅売却~住み替えの流れ

自宅の売却から賃貸に住み替えるまでの大まかな流れは、次のとおりです。

  1. 売却価格の相場を調査
  2. 査定依頼
  3. 媒介契約締結
  4. 売却活動開始
  5. 賃貸物件の情報収集、見学
  6. 賃貸物件の申込
  7. 売買契約締結
  8. 賃貸契約、入居準備
  9. 持ち家の引き渡し、決済

1.売却価格の相場を調査

不動産会社に査定を依頼する前に、持ち家と条件の似ている物件がどれくらいの価格で売却されているか調べてみましょう。不動産会社に相談する前に売却価格を把握することで、相場より安い価格で取引するのを防げます。

2.査定依頼

売却価格の相場を把握したら、不動産会社に持ち家の査定を依頼します。依頼の際は、次の書類を持参しましょう。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 測量図

書類がなくても査定を受けられる不動産会社もありますが、詳細な査定結果を望むなら必ず用意しましょう。

3.媒介契約締結

持ち家の査定を受け、売却を依頼する不動産会社が決まったら、媒介契約を交わします。

媒介契約は3種類あり、それぞれ次のような特徴があります。

媒介契約の違い
  一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
契約できる不動産会社の数 複数 1社のみ 1社のみ
売却活動の状況報告 報告義務なし 14日に1回以上 7日に1回以上
自己発見取引 不可
レインズへの登録義務 不動産会社の任意 契約締結後、7営業日以内 契約締結後、5営業日以内
契約有効期間 法令上の制限なし 3カ月以内 3カ月以内

それぞれの媒介契約の違いを把握したら不動産会社の担当者と相談し、自分にぴったりなものを選んでください。

4.売却活動開始

媒介契約を交わしたら、いよいよ売却活動がはじまります。しかし売主側で行うことはほとんどありません。不動産会社の担当者に一任し、状況報告を待つのみです。

5.賃貸物件の情報収集、見学

売却活動を行っている間に、賃貸物件の情報を収集し、見学を済ませます。

うまく物件を探せない場合は、住み替えを考えているエリアの不動産会社へ相談しましょう。不動産会社へ間取りや設備、周辺環境の希望を伝えて、一緒に物件を探してもらいましょう。

6.賃貸物件の申込

見学して問題がなければ、申込手続きを進めます。申込時は申込書のほかに、身分証明書の提出が必要です。免許証や健康保険証といった身分証明書を、忘れずに持っていきましょう。

7.売買契約締結

賃貸物件の契約を進めている間に、購入希望者が決まれば売買契約を交わします。契約締結日が決まったら、不動産会社から売主に必要書類の案内が届きます。案内に従い、必要書類を準備しましょう。

8.賃貸契約、入居準備

賃貸物件の申込手続き後、入居審査を通過したら、本契約へと進みます。契約をするときは、次の書類を用意してください。

  • 住民票
  • 印鑑証明
  • 収入を証明できる書類

契約に必要な書類を提出し、初期費用の支払いを済ませたら、賃貸物件の鍵を受け取ります。

9.持ち家の引き渡し、決済

売買契約を結んでから物件の引き渡しまで、1、2カ月の期間を要します。この間に、賃貸への引っ越しを済ませましょう。

決済日に、手付金を差し引いた残代金を買主から受け取ります。同じタイミングで、不動産の登記を買主名義に変更し、家を引き渡します。

自宅の売却と賃貸物件の契約は同時に進めるのが理想的です。早く売却を済ませてしまうと、住む場所がなくなってしまうため注意しましょう。

不動産売却はリビンマッチの一括査定が便利

不動産査定は明確なルールがなく、依頼する不動産会社によって査定額やサービス内容はまちまちです。そのため、複数社に依頼して査定額やサービス内容を比較、検討する必要があります。

しかし、複数の不動産会社と直接やり取りをするのは、時間も手間もかかり面倒に感じる方も多いでしょう。

そこでおすすめの方法が、一括査定サイト「リビンマッチ」の利用です。リビンマッチの不動産売却なら、持ち家の所在地や築年数といった情報を入力するだけで、複数の不動産会社から査定を受けられます。

不動産売却では比較が必須です!リビンマッチで査定依頼をして高く売れる不動産会社を見つけましょう!

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます