東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

遠方のマンション売却でトラブル多発😵‍💫追加で媒介契約することに

公開日: 2022年8月30日 |最終更新日: 2022年8月30日
遠方のマンション売却でトラブル多発😵‍💫追加で媒介契約することに

今回は、遠方にあるマンションを売却された体験談をご紹介します。

なかなか足を運べないため、いろいろとトラブルもあったようです。

お客様情報(男性O様)
お名前 O様
物件所在地 東京都世田谷区
性別 男性
物件種別 分譲マンション
年齢 70代
契約形態 一般媒介
リビンマッチ利用時期 2020年04月
売買契約締結時期 20220513
査定最高価格 2,200万円
査定最低価格 2,000万円

片道3時間の物件を査定してみることに

―――― 今回、マンションを売却されたとのことですが、簡単な経緯を教えてください。

もともと義理の妹のマンションなんです。

2020年の初めにくも膜下出血で急に亡くなってしまいまして。妻がその姉にあたり、義妹は独り身だったので相続することになりました。

―――― それでリビンマッチで査定依頼されたんですね?

そうですね。

その頃コロナもあり、近くでもなかったので。3時間かけて物件に行くこともなかなかできませんでした。

そこでリビンマッチを利用して、まずは査定から始めようかと思ったんです。

コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます

いろいろな不動産会社を話をして一般媒介契約を結ぶ

―――― リビンマッチを利用してみていかがでしたか?

実はだいぶ前に利用したことがありまして。

これを機会に自身の持ち物件(宅地)の相談もしておりました。

住んでいる住所と物件の都道府県が違うので、いろいろな業者と話しましたよ。

―――― すぐには媒介契約を結ばれなかったんですね?

はい。

1年掛けて時々物件を訪れては整理していました。それである程度片付けを終わらせた時に一般媒介契約を数社で結んだんです。

内見に立ち会えず、様々なトラブルに見舞われる

―――― 売却活動の感想をお聞かせください。

いやぁ、一般媒介も中々大変ですね。

鍵の管理(違った鍵を返される)もそうですが、購入検討者の内見の時にトラブル(ブレーカーを落とされて、冷蔵庫が駄目になるなど)が発生しまして。

遠方なので付き添っての内見ではないので、責任はどこの会社だとも特定できませんでした。

コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます

―――― また別の会社さんと媒介契約を結ばれたとのことですが?

そうです。

色々ありまして、少々辟易としていたところでT社さんとお話をしたときにグループ会社の不動産さんに声を掛けてもらったんです。

と言っても、初めてT社さんと知り合ったのは義妹が亡くなった後、初査定を依頼したときなんです。

時々コンタクトは取っていたんですが、一般媒介はお願いしていませんでした。

一般媒介契約を追加で結ぶことに

―――― 別の会社さんと契約後、時間をおいて追加でまた契約されたんですね?

いろいろ困っているときに、またご連絡を頂きました。

2年間の空室のため物件の傷みを考えると、少々価格がさがりますがリフォーム代金を全て購入検討者側にすることと各種条件をつけてもらい、投資物件として検討していた方への売却を進めてくれました。

―――― これから不動産会社選びをされる方にアドバイスをお願いします。

人柄、営業マンを見ることです。

調子いいことばっかりいうのではなく、実直で信用できる人を選ぶことですね。売っただけではなくその後も(税金のことなど)幾分か付き合いが続く事を考えると、なおさらです。

編集部コメント:

遠方の物件の売却活動は、あらゆる面で大変です。

内見にも立ち会えませんし、営業担当者の力量がはっきりと現れます。

電話で話すだけ、メールでやりとりするだけで判断するのは難しいでしょう。

可能であれば、今回のお客様のように時間をかけて判断する、というのは失敗しにくい方法と言えます。

カテゴリー

タグ

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます