東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

宅建(宅地建物取引士)はマンション経営において役立つか

更新日:
宅建(宅地建物取引士)はマンション経営において役立つか

宅地建物取引士は不動産業を行う者ばかりではなく、不動産や建築に関わる多くの人に役に立つ資格です。
土地や建物などの不動産を扱うには多くの法律を理解する必要があり、宅地建物取引士の資格取得は、その知識を得るのに大変役に立ちます。

宅建(宅地建物取引士)とはどんな資格?

アパート経営やマンション経営では、不動産に関する知識が必要です。
中でも不動産に関する法律の知識は重要で、その知識の理解無しには事業の成功は難しいです。

宅建は本来は不動産取引を業務として行う人が取得する必要のある専門の資格です。
民法を始めとする基本的な法律の知識や、建築と不動産に関する多くの法律を勉強しなければ取得の難しい資格です。

さらに、不動産取引を行う上での基本的な法律である宅地建物取引業法を熟知しなければなりません。
宅建は不動産業で働くことを目指す人ばかりでなく、法曹界を目指す人や、一般常識を得たいとする人が多数受験する資格です。

受験資格のハードルは低く、ほとんどの人が受験できる人気のある資格ですが、取得の難易度は高いと言えるでしょう。

コンシェルジュ

完全無料】貸したらいくら?今すぐ賃料査定する!

アパマン経営において役立つ点とは

アパート経営やマンション経営では、自ら所有する不動産以外の不動産を賃貸するのでなければ、宅建の資格は必ずしも必要ではありません。

宅建の資格が経営において役に立つ点は、受験をするうえで必要となる法律と不動産の知識です。
資格取得による特権よりも、勉強する過程で得られる知識が不動産賃貸経営に役に立ちます。

宅建で勉強しなければならない法律に民法があります。
民法の解釈は難解で、通常は理解が難しい法律ですが、宅建の取得を目標に勉強することで理解できます。

建築と不動産に関する数多くの法律の知識も、網羅的に学べるのが宅建の良いところで、不動産賃貸業務の実務で役立つ法律も効率的に学ぶことができるでしょう。

宅建(宅地建物取引士)の概要は?

宅建は不動産取引を業として行うために必要な資格で、取引においての重要事項説明と37条書面といわれる契約書同等の書面を作るうえでは欠かせない資格です。

宅建は国家資格で、年に一度、筆記試験が行われます。
筆記試験に合格した後、実務経験やそれに変わる講習等を経て、宅地建物取引士の資格が与えられます。

宅建の受験では欠格要件等に当たらない限り、ほとんどの人が受験可能です。
合格率は10%台後半で、難関資格の一つとなっています。

受験科目は大きく分けると、民法、宅地建物取引業法、その他の法規に別れ、点数配分もおよそ3分割されています。
宅建の合格には民法の問題で一定以上の正解を上げる必要があり、民法の理解が合否のカギを握ります。

コンシェルジュ

完全無料】賃料査定は必ず複数社に依頼して比較検討しましょう!

カテゴリー
賃貸管理

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます