東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

家の売却に必要な平均期間は6カ月!期間が長引く売れない物件の特徴とは

更新日:
家の売却に必要な平均期間は6カ月!期間が長引く売れない物件の特徴とは

家(戸建て住宅)の売却に必要な期間は、一般的に検討し始めてから引き渡しまで約6カ月かかるといわれています。この期間は平均的なものなので売却に1年以上要する場合もあります。

この記事では、売却活動をしたことがない人や、そもそも家が売れるのかどうか不安を抱く方のために、家の売却期間と売れない物件の特徴を紹介します。

家の売却期間とはどのくらい?

家の売却に必要な期間を大きく3つの段階に分けて説明します。それぞれの段階での活動内容などを確認することで、具体的な売却期間やスケジュールが理解できます。

家売却時の活動内容と必要期間
  活動内容 必要期間の目安
①売り出し前【準備】
  • 査定依頼
  • 売却価格、売却方法の検討
  • 不動産会社の決定
1~4週間
②売り出し中【売却活動】
  • 内覧の対応
  • 価格や条件の交渉
  • 担当者からの定期報告
1~3カ月
③売り出し後【契約・決済】
  • 売買契約
  • 決済、引き渡し
1~2カ月

①売り出し前【準備】

売り出し前の準備期間は1~4週間が目安です。具体的には「家をいくらで、どのような方法で、どの不動産会社に依頼をするか」を決める準備期間です。

依頼先は1社のみ、または2社以上の複数社に依頼ができます。依頼前の査定や相談については、複数の不動産会社に問い合わせましょう。複数社に依頼することで、家の特徴や相場観、売却方法の理解が深まります。査定や相談をする不動産会社が増えるほど比較する材料は増えるので、売り出し前の期間が長くなる傾向があります。

また、売却する家に抵当権が設定されている場合は、金融機関に抵当権抹消手続きの申請をします。

②売り出し中【売却活動】

売り出し中の売却活動期間は1~3カ月が目安です。具体的には「家を売りに出してから購入希望者との価格を含めた条件合意まで」の期間です。

該当エリアの需要が高く、割安な家ほど売却活動の期間は短くなる傾向があります。売主は窓口になっている担当営業を通じて、内覧の対応、売却価格や契約条件などの交渉を行います。

内覧につながる「物件への問い合わせ」については、担当営業からの定期報告で確認できます。定期報告では売出価格の値下げや購入希望者からの価格交渉などの打ち合わせをします。

③売り出し後【契約・決済】

売り出し後の契約・決済期間は1~2カ月が目安です。具体的には「手付金を受領して売買契約を結び、残代金を受領して物件を引き渡すまで」の期間です。

買主はローンを利用することが多いため、契約から決済までにはある程度の期間が必要です。売主は契約条件に記載のある「売主負担で行うもの」を決済日までに済ませるようにします。具体的には「土地の測量」や「残置物の撤去」を契約条件としている場合が多いです。

また、抵当権の抹消については売主負担のため、金融機関の担当者と登記を担当する司法書士への費用を確認しておきましょう。

売却期間が長くなる、売れない物件の特徴とは

売却期間が長くなると「売れ残り物件」として市場で認知され、売れにくくなる傾向が強まります。ここでは、売却期間が長くなる・売れない物件の特徴を紹介します。

価格が高い

需要の高い人気エリアは別ですが、通常のエリアであれば角地や日当たりがよい物件でも相場より高値で売却できるケースは少ないです。

不動産会社からの査定価格よりも高値で売り出すことはできますが、周辺物件との差額が大きく、物件の問い合わせがない場合は価格を下げる必要があります。

室内が汚い

内覧数が多いのに申し込みが入らない場合は、室内の汚さや内覧時の対応の悪さが原因として挙げられます。

視覚からの情報は影響が大きく、水回りや室内の汚れは購入希望者の購入意欲を大きく下げる原因です。玄関や台所、リビングなどを中心に整理し、見た目をきれいにしましょう。

土地の境界が確定していない

土地の境界が確定していないと、買主が物件を購入した後に、隣人とのトラブルになるおそれがあります。具体的には土地面積やブロック塀が、どちらの所有なのかという問題が発生します。

そのため、購入希望者は境界が確定していない家を避ける傾向があります。

前面道路の持ち分がない

前面道路が私道道路だと、上下水道管、ガス管のトラブル時や建物の建て替え時に、私道所有者の許可が必要です。

売買契約時には掘削(くっさく)承諾という、掘ったり工事したりすることを持ち主が認めた許可証の提出が必要になるケースがあります。

嫌悪施設がある

周辺に下水処理場や火葬場などの嫌悪施設がある物件です。嫌悪施設には下記のような施設が該当します

  • 刑務所
  • 軍事基地
  • 原子力発施設

再建築不可・市街化調整区域

接道条件を満たしていない物件や都市計画法で市街化調整区域に指定されている物件は、不動産の価値が低いです。

再建築不可や市街化調整区域の建物は建築する条件に該当していないため、担保価値がなく通常の住宅ローンの利用は難しいです。購入者は現金か金利の高いノンバンクからの融資を利用するため、購入希望者は少ないです。

地方物件で駐車場がない

マンションに比べて一戸建ての駅までの距離は大きなマイナスにはなりませんが、車移動が前提の地方では駐車場がないことは大きなデメリットです。

塀や庭を取り壊すことで駐車場スペースを確保できるようであれば、駐車場を設置する工事を検討することもひとつの選択肢です。

土地や建物が大きすぎる

土地面積が広すぎるため売出価格が高くなり、需要のある価格帯とのギャップが生じて売れない場合があります。

たとえば35~40坪程度の戸建て需要のエリアで、土地面積が100坪ある物件です。また、土地以外にも大きすぎる建物や二世帯住宅など特殊な建物も需要が少ないです。

売却期間を短くするためには

売れない物件を早く売却するためには、売り方や不動産会社を再検討することが有効です。

不動産買取を検討する

不動産買取のメリットとは、契約決済までのスピードが早いことです。買い手は個人の方ではなく不動産会社なのでスムーズに取引できます。買い手が個人の場合は、ローン特約で住宅ローンの審査が通らなかったとき、売買契約自体が白紙になってしまします。

不動産買取は、売買価格が市場の成約価格よりも約2~4割安くなりますが、金額の折り合いがつけば確実に売却できます。

隣地とトラブルがある、境界が確定していない、土地が大きすぎるなど一般の方が買いづらい物件や現金化を急ぐ場合は、不動産買取を検討することが有効です。

信頼できる不動産会社を見つける

早く売却するためには、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。地域に精通している会社であれば相場観がしっかりとしており、売却実績をもとにした提案が受けられます。販売力が強い不動産会社であれば、その地域で物件を探している顧客を抱えている可能性も高いです。

このように不動産会社にはそれぞれ得意な分野があります。1社ではなく最低でも3社以上には話を聞き、各社の得意分野や対応などを比較することが大切です。

一括査定サイト「リビンマッチ」を利用する

物件を早く売却するためにおすすめなのが一括査定サイトの「リビンマッチ」です。リビンマッチでは、一度の依頼で同時に複数社に査定依頼ができます。査定価格の比較や提案を聞くことによって、相場観や売り方がわかります。

また、リビンマッチは大手不動産会社以外にも地域密着の会社など多数の不動産会社が登録をしているのが特徴です。家を早く売却するためには不動産会社選びは欠かせません。リビンマッチを利用することで時間短縮でき、大手を含めそれぞれの得意分野を持った不動産会社から提案を受けられます。

カテゴリー
不動産売却コラム
タグ
期間

リビンマッチコラムを引用される際のルール

当サイトのコンテンツはどなたでも引用できます。 引用にあたって事前連絡などは不要です。 コンテンツを引用される際は、引用元が「リビンマッチ」であることを必ず明記してください。

引用ルールについて

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

完全無料でご利用できます