東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

家の査定をインターネットで行う方法と注意点!匿名査定と一括査定の違いは?

公開日: 2022年7月27日 |最終更新日: 2022年8月5日
家の査定をインターネットで行う方法と注意点!匿名査定と一括査定の違いは?

自分が住んでいる家を売るときに、どれくらいの価格になるのか知りたい方は多いでしょう。しかし、不動産会社に依頼するには手間や時間がかかるため、気軽に相談するのはなかなか難しいものです。

近年、家の価格を気軽に知る方法として、インターネットを活用するサービスが増えています。

本記事では、インターネットでできる家の査定方法をいくつか紹介します。また、インターネットで査定をするメリットやデメリット、注意点を紹介するのでうまく活用しましょう。

家の査定をインターネットで依頼する方法

インターネットで行う方法はいくつかあります。

不動産査定が簡単にできるアプリやサイト

知り合いの不動産会社がいない、どれくらいの価値があるかまずは大体の目安を知りたい、という場合は、アプリや査定サイトを活用してみましょう。

インターネットでいつでも申し込みができ、価格の見積もりを自宅にいながらもらうことができます。無料のサービスとして提供されているケースが多いです。

概算での査定なら、数秒で結果がわかります。さらに、そこから実際に家の売却手続きも進められます。

リビンマッチの査定アプリ

らくらく不動産査定らくらく不動産査定

匿名で価格がわかるシミュレーションサイト

  • ネットを利用して不動産会社から電話が頻繁にかかってくるのは嫌だ
  • 不動産会社の担当者を自宅へ招いて詳しく見てもらうのはまだ早い

上記のように考える方は、まず「匿名査定」を利用してみましょう。

匿名査定とは自分のメールアドレスや物件種別、間取り、築年数などの入力のみで価格がわかるシミュレーションサイトです。

いわゆる「AI査定」と呼ばれる方法で、似た条件の物件の価格が結果として表示されます

自分の氏名や電話番号、査定を希望する家の住所を入力する必要がないのが特徴です。そのため、不動産会社に個人情報を知られることなく、結果だけ知ることができます。

営業電話がかかってくるのが不安な方は、シミュレーションサイトを活用してもよいでしょう。

ただし、価格の正確性はあまり期待できません。家の売却を進めたい方は、シミュレーションして表示された価格を確認してから、さらに詳細な訪問査定を依頼するとよいでしょう。

複数社に依頼する一括査定サイト

一括査定サイトは、家の情報を入力し、一度の入力作業の手間だけで複数の会社に依頼ができるサービスです。こちらは基本的に自分の氏名や住所、電話番号を入力し、登録を進めます。

複数の会社に概算の価格を出してもらい、自分の理想に近い提案をした不動産会社を選び、さらに詳細な訪問査定や売却の相談ができます。

複数社を一度で比較できるため、実際に家が売れる価格が把握しやすいのが特徴です。

なるべく1年以内に家を売りたい人や1社だけでは不安だという人におすすめです。

1社だけの査定では不安です!必ず複数社に依頼するべきです!

インターネットで査定するメリットとデメリット

インターネットでする家の査定は、パソコンやスマートフォンさえあれば気軽に進められます。実際に不動産会社が物件を訪れてる方法と違いがあるのでしょうか。

ここでは、インターネットで不動産査定をするメリットやデメリットを解説します。

メリット1:忙しい人でも気軽に利用できる

インターネットの査定であれば、わざわざ不動産会社を自宅へ呼ぶ必要がありません。そのため忙しい人でも、空いた時間で気軽に査定ができます。

特に一括査定サイトは、複数の不動産会社の価格を手間なく比較できるためおすすめです。複数社の価格から大まかな適正価格が判断できます。

そのため、実際に家を売るときに、売り出し価格を高くしすぎて売れ残る、逆に安くしすぎて損をするリスクが軽減できます。

メリット2:売却時の手間を大幅に削減できる

売却したい家に不動産会社を招くケースでは、応対の時間が取られて、結局見てもらった会社には依頼しない、ということが多々あります。

これでは、わざわざ内覧の応対に費やした時間がもったいないです。インターネットで査定をしてから、会社を1、2社に絞って依頼するほうが効率的です。

たとえば、一括査定サイトで複数社から見積もり提示してもらう場合、なかには相場より異常に高い価格を提示する会社がいるかもしれません。このような会社は一刻も早く契約につなげようと、無理に高い価格を提示しているおそれがあります。

他社より高い価格で売れる根拠を、しっかりと説明できない場合は注意が必要です。

このようにネット査定は、信用できる不動産会社か否かを、早い段階で気軽にチェックできる強みがあります。

インターネットで査定をして不動産会社を1、2社に絞ったら、そこから詳細な訪問査定を依頼しましょう。そうすれば何度も担当者を家に呼んで見てもらうより、家が理想に近い価格で売れる可能性が高まります。

メリット3:優良な不動産会社を見つけられる

家の売却や購入は、人生でそう何度もあることではありません。そのため、不動産会社とつながりがある人はあまりいないでしょう。

一括査定サイトの場合は、複数社の概算した見積もりを比較検討できます。そのとき、価格だけでなく、不動産会社の対応も確認できるため、優良な会社とつながりを作るきっかけになります

もちろん家を売るときは、提示された見積もり価格だけで不動産会社を選ぶのでなく、もう一度詳細な訪問査定をしてもらいましょう。

優良な会社を見つける最初のステップとして、ネットの利用は有効な方法といえます。

デメリット:価格はあくまでも目安

インターネットで家の査定をしても、見積もり価格はあくまで目安にとどまります。

住所の詳細な入力を必要としないサービスもあり、家を実際に見ているわけではないため、結果はおおよその価格で、正確性に欠けます

また、AI(人工知能)による査定は、なぜこのような価格なのか、現在の不動産市場の状況はどうなのかなど、裏付けとなる説明はしてもらえません。

インターネットで依頼するときの注意点

インターネットで依頼すれば、効率的に見積もりから売却手続きへと進められます。しかし、自宅にいながら手軽にできる反面、注意するポイントがいくつかあります。

トラブル発生?

ネットを利用した場合、以下のようなトラブルを懸念する人もいるでしょう。

  • 不動産会社からのしつこい電話連絡
  • 個人情報の流出

それぞれについて詳しく説明します。

不動産会社からのしつこい電話連絡

インターネットで依頼をすると、営業担当者から登録した電話番号へ見積もりに関する連絡がきます。

  • まったく関係のない土地やマンション購入の勧誘
  • 依頼した会社と別の不動産会社からの連絡

上記を不安に思う方がいますが、そういったことはないため安心してください。

査定の結果、家を売りたくない場合はその旨をしっかり伝えればしつこい連絡はなくなります。

個人情報の流出

基本的に一括査定サイトは、自分の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力する必要があります。

そのため情報漏えいを心配する人がいることでしょう。しかし、各サイトでは「プライバシーポリシー」に則って情報を管理しています。サイト運営企業が意図的に外部へ情報を流出させることはありません

特にリビンマッチでは、運営会社がプライバシーマークを取得しているため、安心して利用できます。

サイトに入力した情報は、運営元が責任を持って管理し、見積もり依頼する不動産会社のみに提供されるため、過剰な心配は不要です。

プライバシーマーク制度は、日本産業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に準拠した「プライバシーマークにおける個人情報保護マネジメントシステム構築・運用指針」に基づいて、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
プライバシーマーク制度について > 概要と目的 一般財団法人日本情報経済社会推進協会

この法律は、デジタル社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることに鑑み、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにし、個人情報を取り扱う事業者及び行政機関等についてこれらの特性に応じて遵守すべき義務等を定めるとともに、個人情報保護委員会を設置することにより、行政機関等の事務及び事業の適正かつ円滑な運営を図り、並びに個人情報の適正かつ効果的な活用が新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現に資するものであることその他の個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。
個人情報の保護に関する法律 第一章 総

あくまで売却のステップのひとつ

ネット査定で満足のできる価格が提示されたからといって安心は禁物です。それは細かい立地条件、建物の状況などが考慮されていないからです。

見積もりはあくまで相場の確認で活用できるものです。自分のニーズにあった不動産会社を選び、詳細な訪問査定から売却へ結び付けるステップのひとつと考えておきましょう。

一括査定サイトでは、次のような手順で具体的な売却相談をしたい会社に問い合わせます。

  1. 物件の情報、自分の情報を入力し複数社へ見積もりを依頼
  2. 数日以内に、依頼した会社からメールまたは電話で連絡が来る
  3. 理想に近い価格を出した不動産会社へ詳細な訪問査定を依頼
  4. 不動産会社の担当者が家を訪問して見積もりを作成
  5. 売却価格が提示され契約へ

もちろん、理想に近い価格を出した1社だけではなく2、3社に絞り、実際に家を訪問し査定してもらっても構いません。

また、価格だけでなく担当者の対応なども不動産会社を選ぶときの参考にしましょう。

迅速に比較したいなら一括査定サイトがおすすめ

気軽に相談できる不動産会社がない方は、まずは比較サイトを利用しましょう。

複数の提案を受けられるため、優良な不動産会社を見つけられます。さらに、価格を比較できるため、匿名査定より適正な価格が把握しやすいです。

また、そのあとの詳細な訪問査定や実際の不動産売却までをスムーズに進められます。

2006年から運営をしているリビンマッチは、全国多数の会社が加盟しています。無料で依頼ができるため、気軽に活用できます

実際に家が売れる価格を知るには、一括査定サイトを利用するしかありません!リビンマッチは全国多数の不動産会社が加盟しているので、あなたが納得できる査定結果を得られるはずです。

ワンポイントアドバイス

最短45秒 無料査定を依頼する

  • STEP1
  • STEP2

※本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

※査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

インターネットでする家の査定に関するよくある質問

家の査定をインターネットでするサービスはどんなものがある?
不動産の査定が簡単にできるアプリやサイト、匿名でシミュレーションできるサイトなどがあります。また、複数社に依頼する一括査定サイトもあります。
匿名査定と一括査定の違いはなに?
匿名で価格シミュレーションサイトは、似た条件の物件の価格が表示されます。不動産会社に個人情報を知られることなく、価格だけ知ることができます。一方、一括査定は家の情報を入力し、一度の手間で複数の会社に依頼ができるサービスです。複数社の見積もりを一度で比較できるため、実際に家が売れる価格が把握しやすいのが特徴です。
カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます