東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445

「個人間売買するつもりでしたがアドバイスしてもらい満足な取引に」

公開日: 2021年11月12日 |最終更新日: 2021年11月17日
ご利用者(K様)概要
お名前 K様 物件所在地 愛知県清須市
性別 男性 物件種別 土地
年齢 50代 契約形態 専任媒介
リビンマッチ利用時期 2021年10月 査定最高価格 450万円
媒介契約締結時期 2021年11月 査定最低価格 450万円

売却が難しいと言われる狭小地を貸していた

―――― 土地を売るに至ったいきさつは?

今回売却したのは元々、駐車場として貸していた土地です。土地面積が19坪と狭く、建物を建てるには不便な土地なので売却は難しいのではないかと思っていました。
しかし、隣接地の所有者から「自分の土地をより広大なものにして駐車場として利用したい」という理由で購入したいと申し入れがありました。

この旨を駐車場の賃借人の方に伝えたところ「このまま駐車場として利用できるのなら問題ないです。」と、快諾頂いたので、土地の売却の検討に入りました。

不動産の個人間売買はトラブルの元

―――― リビンマッチを使った理由は?

このまま個人間での売買をしてしまうと、相場に関する知識もどうしても乏しいため、言い値でそのまま売ってしまうことになりそうという不安がありました。
足元を見られ、安く根拠もないでたらめな値段で買われてしまうのでないかと思い、まずは相場を調べようと思っていました。

リビンマッチはネットで検索してたまたま見つけました。ここなら複数社に1回の手続きで比較できるということで「相場によっては売ってもいいかな」という気持ちで利用させてもらいました。

個人で不動産を売買するメリットとデメリット

素早い対応と的確なアドバイスで契約に至る

―――― 契約を結ぶに至った決め手は?

リビンマッチに申し込んでしばらくすると、まずはじめにグットスマイルさんから連絡を頂きました。
簡単に事情を説明し、実際に駐車場をみてもらうことにしました。
予想通り、個人間の売買は後々トラブルが発生しやすいという話も伺いました。しかも私の場合は隣接地の所有者とのやりとりですから、どうしてもトラブルは避けたいと思っていました。
双方ともに仲介役を立てて交渉したほうがスムーズに進むケースが多いというアドバイスもいただきました。

最初は手数料とかのこともあり、個人間での取引で済ますつもりでしたが、丁寧なアドバイスもいただき、専任媒介契約を結ぶことにしました。
他の会社さんからも連絡いただきましたが、やはり素早い対応をしていただいたのが最終的な決め手だったかもしれません。

狭小地でも高値で売却しかも特約付き

―――― ご利用してみた感想は?

結果からいうと450万円で売却することができました。
さらに、仮に土地を測量し登記上の土地面積と異なる測量値が出たとしても、売り手側に責任が及ばないという条件付きで成約することができました。

自分が予想した以上の価格に加えて、売主にかなり有利な条件まで付けて売却出来たので、大満足です。
グットスマイルさんに任せて本当によかったと思っています。

編集部コメント:

10坪台の小さな土地を個人間取引してトラブルになる、というケースはよく耳にします。小さな土地といっても、金額にすると決して安くはありません。

今回のように、登記上の面積と測量値に誤差が発生するというのもよくある話ですが、こういった問題を事前にケアするというのは不動産会社の腕の見せどころだと言えます。

カテゴリー

| 新着コラム

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ