東証上場 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証グロース上場)
が運営するサービスです  証券コード:4445
open
close

マンション売却時のリフォームは待った!売却方法を間違えないポイントとは

公開日: 2022年3月31日 |最終更新日: 2022年9月30日
マンション売却時のリフォームは待った!売却方法を間違えないポイントとは

築年数が古いマンションを売却する際は、リフォームしないと購入希望者が現れないと考える方もいるでしょう。

一般的には、売却時にリフォームはしないほうがよいといわれています。しかし、場合によってはリフォームすることで買主が見つかりやすくなる場合もあります。

リフォームのメリットや、しないほうがよいといわれる理由について紹介します。

リフォームをしないほうがよい理由

売却時のリフォームは、一般的にリフォームは不要であるといわれています。その理由について紹介します。

購入希望者は自分の好みに合ったリフォームをしたい

近年住まいへのこだわりは多様化し、自分のライフスタイルに合った住宅に住みたいと考える人が多いです。

特に築古マンションを購入しようとする人の中には、単なるリフォームではなく、自分の好みに合ったリフォームまたはリノベーションをしたいと望む人も多いです。

そのためいくらきれいにリフォームされているマンションでも、自分の趣味に合わない内装では、購入したいという気持ちにはなりません。

したがって、お金をかけてリフォームするより、現状のまま売却したほうが購入者のニーズに合うといえます。

リフォーム費用を売却価格に上乗せできない

マンションをリフォームする場合、数十万〜数百万円の費用がかかりますが、その費用をすべて売却価格に上乗せすることは難しいです。

中古マンションの売却価格は、一般的に築年数で決まります。
多額の費用をかけてリフォームしても、競合物件よりも価格が高くなってしまっては売却が難しくなるでしょう。

したがってリフォームしても、そう高く売ることはできずに損をしてしまう可能性があります。

中古マンションの購入希望者は安さを求める

中古マンションを購入したいと考えている人は、「安く買える」ということを第一条件としている場合が多いです。

インターネットで中古マンションを探す場合、エリアや価格、築年数で検索します。
リフォーム代金を上乗せした価格をつけると、そもそも希望金額から外れ、検索にヒットしない可能性があります。

売却に時間がかかる

リフォームを行うと、工事中は購入希望者に内覧してもらうことができないので、売却に時間がかかってしまいます。

したがって早く売却したい場合には、リフォームせずに売却したほうがよいでしょう。

場合によっては必要!リフォームのメリットとは

場合によってはリフォームしたほうがよい、またはリフォームしないと売却できないこともあります。

リフォームするメリットも理解しておきましょう。

物件の印象がよくなる

あまりにも部屋が汚れていたり設備が故障していたりすると、購入希望者によい印象を持たれません。

そのため大きなマイナスにならない範囲で、リフォームやハウスクリーニングを検討します。
たとえば下記のような場合は修理しておいたほうがよいでしょう。

  • ドアの開閉が悪い
  • 蛇口からポタポタと水が漏れている
  • 障子が破れている

最小限度のリフォームで、購入希望者によい印象を与えられれば、費用対効果は高いといってよいでしょう。

すぐに引っ越しができる

リフォームしたマンションは、すぐに引っ越しできるメリットがあります。

転勤が決まったなどと、前に住んでいた住まいを早く退去せざるを得ないような人は、すぐにでも住まいを決めたいと思っています。そのような人たちにとって、リフォーム済みのマンションは検討したい物件のひとつでしょう。

リフォーム費用や融資手続きがいらない

リフォームされたマンションは、住宅ローンの借り入れだけで済むので買いやすいといえます。

購入後に自分でリフォームする場合、自己資金から賄える場合は問題ありませんが、住宅の購入費用とリフォーム費用の両方でローンを借りる場合があります。

両方のローンを借り入れる場合、融資手続きが煩雑になるのでリフォームされていない物件を敬遠する人もいます。

リノベーションに比べて費用がお得

リフォームはリノベーションに比べて費用が抑えられます。

両者に明確な違いはありませんが、一般的にリフォームは破損部分など、一部分を修復することを指します。

対してリノベーションは間取り変更など、刷新的な変更のことを指します。

リフォームにかかる費用は比較的お手頃です。主な箇所ごとの相場は以下のとおりです。

箇所ごとのリフォーム費用相場
リフォーム箇所 費用相場(万円)
お風呂 80~150
トイレ 30~50
玄関 30~50
10~20

リノベーションの費用は規模に応じて異なるので一概にはいえませんが、1,000万円を超える場合もあります。


コンシェルジュ

完全無料】うちの価値いくら?今すぐ診断スタート!

売却方法を間違えないために

マンションの売却は高額なので、売却方法を間違えると大きな損失が発生するため注意しましょう。

不動産買取する場合にはよく考慮する

不動産の売却は、一般的には不動産会社を仲介して市場で売却します。

しかし、売却を急いだり不動産が訳ありだったりする場合には、仲介を依頼せずに不動産会社に直接買い取ってもらう方法があります。これを不動産買取といいます。

不動産買取を行う会社は、購入後にリノベーションをして再販することがほとんどです。よって買取業者に売却する際はリフォームする必要はありません。また仲介する会社はいないので、仲介手数料は不要です。

しかし、仲介と比べて約7〜8割の価格でしか売却できません。早く売りたい方にはおすすめですが、高く売りたい方にはマッチしません。

信頼できるパートナーを見つける

リフォームして売却するにせよ、せずにそのまま売却するにせよ、ひとりで判断するのは危険です。プロである不動産会社の意見をしっかり聞きましょう。

しかし、すべての不動産会社のいうことが正しいとは限りません。的外れな提案をする担当者もなかにはいます。

リフォームの判断など、納得のいく不動産売却を行うには、信頼できるパートナーが必要不可欠です。信頼できるパートナーを見つけて、売却価格や売却時期など、要望を漏れなく伝えましょう。

マンション売買が得意な会社に依頼する

マンションの売却を不動産会社に依頼する場合には、マンションの扱いが得意な会社に依頼しましょう。

不動産会社には、得意な分野と不得意な分野があります。戸建てや土地が得意な会社にマンションの売却を依頼しても、なかなか売れないという事態にもなりかねません。

そのような会社では、マンションのリフォームについても知識が乏しいでしょう。

複数の不動産会社に依頼する

売却の相談は1社のみならず、複数の不動産会社にしましょう。
不動産会社によって、売却方法の提案は異なります。複数の会社から提案を受け、一番納得できた方法を選びましょう。

売却方法の相談や、査定依頼には費用がかからないことがほとんどです。複数社とやりとりする手間は増えますが、納得のいく売却活動ができる可能性は高まります。

その際に利用したいのが一括査定サイトです。所有の物件情報を入力するだけで、複数社に問い合わせできるので大変便利です。売却方法に悩まれている方にはピッタリのサービスです。ぜひ一度ご利用してみてください。

コンシェルジュ

完全無料】リビンマッチならたった1回の入力だけで査定依頼・資料請求が一括でできます!

マンション売却時のリフォームに関するよくある質問

マンションの売却時はリフォームしない方がいいの?
一般的には、売却時にリフォームはしないほうがよいといわれています。しかし、場合によってはリフォームすることで買主が見つかりやすくなる場合もあるので一度プロに相談しましょう
なぜ売却時のリフォームはしない方がいいの?
理由はいくつかありますが、築古マンションを購入しようとする人は、購入後に自分の好みに合ったリフォームまたはリノベーションをしたいと望む人が多いです。
カテゴリー
不動産売却

リビンマッチ利用者アンケート

カテゴリー一覧

Copyright © Living Technologies Inc. All rights reserved.
トップページへ
コンシェルジュ

すべて無料でご利用できます